csh and tcsh work

About

当サイトならびに運営者について

Takayuki Kawamoto

(takayuki.kawamotogmail.com)

First published: 2019-03-20 17:30:21.

Modified: -----.

Last modified: -----.

当サイトについて

当サイトは、UNIX-like operating systemシェルとして長らく使われている “C shell” (csh) と、その改変プログラムの “TC shell” (tcsh) を主に扱っています。UNIX だけを扱うわけではありませんし、csh や tcsh だけを扱うわけでもありませんが、サイトのコンテンツとして多くを占めることになるのは、UNIX-like な OS(特に僕が会社で使っている FreeBSD)で動作する、csh と tcsh に関するウェブページとなるでしょう。

もともとは FreeBSD に関連するドキュメントを別のサイトで書いているのですが、FreeBSD のディフォールト・シェルである tcsh について調べると、非常にリソースが少なく、また色々なサイトでバラバラに扱われているため、できるだけリソースとしてまとめた資料サイトを作ることにしました。そして、tcsh の元になった記念すべき csh についても参考になるサイトが限られていて、しかもサイトが古くて archive.org にしかバックアップされていない事例もあり、現行のサイトも忘れられてしまう恐れがあったので、もともと考古学少年でもあったからか、丁寧に調べて情報を残しておこうと思ったわけです。

なお、タグライン(ロゴの下に付記しているスローガンみたいなフレーズのこと)で書いているように、僕は当サイトで “historical approach” として csh や tcsh の記録やリソースを集めて紹介するという、或る種の懐古趣味的なアプローチだけではなく、csh や tcsh の設計思想やスクリプトを書くときのテクニックなどを現在の OS 運用に活用できる方法がないかどうかも探して紹介するという “contemporary approach” も採用します。

実のところ、僕の心境や動機としては、上に書いたことだけが理由なのではありません。僕は、過去の人々の実績をまじめに勉強して消化してこそ、新しく何かを考えたり、次のステージに進むための《歴史という正統性に支えられた責任や権利》を得るのだと考えています。

これはあくまでも希望ですが、僕の今後の予定として csh / tcsh のソースコードを読み込んで、UNIX のシステム・プログラミングについても取り上げたいと思っています。また、僕自身がウェブサイトのオンライン・アプリケーションを書いたり情報セキュリティのマネジメントに従事しているため、システム開発やセキュリティという観点からもケース・スタディとして csh / tcsh のソースコードやシェル・スクリプトの実例を批評することも念頭に置いています。こうしたことは、プログラムやソフトウェアが新しかろうと古かろうと一定の成果を上げられる「科学」あるいは「仕事」なのであり、僕は会社では RUST のような流行のプログラミング言語を勉強してもいますが、コンピュータ・サイエンスや IT の原則に興味がある人間にとっては、どちらからでも成果を上げられるでしょう。

To the top of this page

About the time zone for all webpages

Any notation for date and time at here should be written in a format as “YYYY-MM-DD hh:mm:ss” and its time zone (TZD) is omitted, though it must be in “+09:00” (JST = Japan Standard Time.)

To the top of this page

当サイトで使う登録商標について

To the top of this page

運営者について

河本孝之(かわもと・たかゆき)

Takayuki Kawamoto 1968(昭和43)年、東京都目黒区緑ヶ丘に生まれて大阪市や東大阪市で育つ。哲学者。専門は確率論と因果関係の哲学。糊口を凌ぐため、大阪市北区堂島に本社を置くインターネット・サービス企業の管理系部門で情報セキュリティ事務局の責任者と Chief Privacy Officer(個人情報保護管理者)に従事している。企業の役職者として情報セキュリティマネジメントと個人情報保護マネジメントを担当しているが、他にも社内情報システムの運用、ネットワーク管理、受託案件のサーバ構築とシステム開発とセキュリティ監査とキャパシティ・プランニング、ならびに社内の IT とコンピュータ全般のヘルプデスク、社内のオンラインシステムや名刺・会社案内等のデザインを兼任。簡単に言えば単独でウェブサイトの提案・設計・構築・制作・運用に対応でき、「フルスタック」などという低レベルな兼任を軽く凌駕する人材と自負している(ほんまかいな)が、いまだに糊口であることに変わりはない(笑)。

神戸大学大学院博士課程、文化学研究科*文化原理論科学基礎論専修中退(科学哲学、論理学)。修士(関西大学、哲学)。幾つかのウェブ制作会社等を経て2006年に現在の所属企業へ入社。システムアーキテクト、兼任取締役、システム部長を経て、2008年から現職。日本科学哲学会会員。日本データベース学会会員。IxDA (Interaction Design Association) メンバー。Zend Certified Engineer (2006)。

*文化学研究科は2015年に廃止されて「人文学研究科」になりました。

To the top of this page