csh and tcsh work

Messages

2018-12-30いつ投稿するかも分からないので、挨拶とか、いちいち「最後の更新だ」などと書いたりはしない。黙って、必要に応じて書くだけなので、それが後からすれば2018年の最後の投稿になっているというだけの話だ。"the last messages" と、敢えて集合名詞にしたのは、そういう意味である

2018-12-30最近、僧侶のブログ記事を読むことがあるのだが、まぁかなりの割合で著作権法というのを無視してる人が多いよね。宗教者だからって無視していいわけではないし、真宗のように半分は坊さんじゃないみたいなことを言ってるなら、なおさら市井の決まり事には従う道理だ。僧衣で運転 反則切符 - 仏教を楽しむ

2018-12-30この方のブログ記事の RSS フィードだけ連続して次々と出てきたので、調べてみたら「はてなブログ」へ移行したときに過去のフィードを幾らか吐き出して、何か・・・目立つためだけにやってるんだろうなぁ。この hatena という会社は。himaginary’s diary

2018-12-30「歩く」というテーマで幾つか本が出ていて、またぞろクソみたいな哲学系の通俗書も出ているようだが、集めて並べるならポプラ社からも翻訳が出ている Walking も並べてもらいたい。Walking

2018-12-30USENIX(LISA18)の動画が上がっている。YouTube での閲覧回数だけを見ると、システム管理やロードバランシングや systemd プロセスといった基本的な話題に人気が集まっているようだ。そして、気の毒だとは思うが英語として非常に聞き取り辛い人たちが喋っている動画は人気がない。また、キャッチーな単語しか使わずに中身が分からないタイトルの動画も人気がない。これは当たり前だろう。広告業界のハッスル・バカが集まって煽るしか見世物がないカンファレンスとはレベルが違うのだ。

2018-12-30もちろん、冷ややかに眺めているというわけではない。Nagasawa さんのように所定のポジションを得るくらいの業績は誰であろうと期待している。しかし、それが日本人だろうとイギリス人だろうとケニア人だろうと、哲学者であるわれわれにとってはどうでもいいというだけの話であり、そういう脈絡の中での話だ。だからこそ、逆に国籍や出自や性別や年齢なんて気にしてないのである。

2018-12-30書店や図書館で業績を眺めておくしかない。Twitter だと、向こうで留学してる威勢のいい人物がなんだかんだと書いていたようなので、果たして supervenience を DIS る以外に科学哲学プロパーから見て注目できるような研究成果(まぁ Twitter で DIS ってるのは成果でもなんでもないが)が出てくるのかどうかといったところか。

2018-12-30よく考えたら、論理実証主義とアメリカの社会史や文化史というテーマなら、プラグマティズムの研究をしてる人たちなら色々と成果を出しているかもしれないのだが、どうも日本でプラグマティズムというと鶴見さんらの影響で、左翼とまではいかなくてもリベラルという党派性とセットになってしまっていて、まともな研究者がいるのかという話になってたんだよね。

2018-12-30最近、仏教の本をよく読んでいるので、書店で仏具なりお荘厳の解説書を見かけては興味深く眺めていたのだが、このまえジュンク堂へ行ったら見かけなくなった。岩波の仏教辞典すらなくなっている。出版が古くて版元にも在庫がないような本ならともかく、分野によっては在庫管理が手薄なのだろう。

2018-12-30ということで、僕が昨今の「分析ほにゃらら学」が胡散臭いと思ってるのは、おまえらどのみちニューヨークやロサンゼルスで活動してる WASP の業績だけ見て分析哲学っぽいお喋りしてるだけだろって感じがするからなんだよね。かつて誰かが「分析哲学は文体の問題・趣味の問題にすぎない」と喝破したけれど、まさにそういう感じがする。一部のポストモダン批評と同じくスノッブにすぎないのではないか。

2018-12-30確かに、古典研究ではお馴染みの「人物」をテーマにするなら、これもまた留学しないと分からないことはいくらでもある。C. West Churchman だ、Henry Kyburg, Jr. だ、Clerk Glymour だ、L. Jonathan Cohen だ、いやカルナップについてすら翻訳どころかデジタル化されていない手稿などたくさんある。

2018-12-30あと、文芸としての分析哲学という切り口で、「南部」とか「黒人(ないしマイノリティ)」との関わりも、ここでは何度か書いているのだが(PHILSCI.INFO の方だったか)、これは非常に難しい。恐らく留学して現地で手に入る(デジタル化されていない)資料を豊富に見られない限りは正確な研究ができないので、こういうテーマなら留学する意味はあると思う。他方、いまどき California semantics を学説として勉強するだけなら留学など全く不要だ(と豪語するくらい国内のプロパーのテクニックとしての質は上がっていると思うが、どうなのか)。

2018-12-30分析哲学や科学哲学の内部からみた学説史や学派の歴史は既に数多く出版されているし、プロパーが大学で教えるのもそれだけだろう。しかし最近ではメタレベルないしは社会思想史からみた隆盛(と表現してもいいだろう)について解説する本が幾つか出ている。恐らくフェミニズムのアプローチもここに入るだろうし、冷戦やランド研究所と科学哲学の関係という、実は留学した人たちなら絶対に知ってる筈の脈絡もやっと話題になるようになった。もちろん、それらはいたずらに学術分野やアプローチの隠れた党派性を暴きだして脱構築がどうのこうのという告発が本来の目的ではない。

2018-12-29筆記具は、いつかはペリカンのスーベレーン 800 と決めているのだが、老眼鏡はこういうのもよさそうだ。薄さ2mmの老眼鏡ペーパーグラス総本店

2018-12-29ちなみにアマゾンがアイデンティティをグローバルで統一しないのは、別にそれでいい。そのまま統一せずにバラバラの方がいいのだが、アマゾンはセッションの生存期間が長いので、ログインしない他の国で何かアクションを起こしても、どのみち全てのドメインに同じ行動記録を送信するビーコンが仕込んであるに決まってる。(というか、そういうデータ収集の専用ドメインを運用してる気もするが、通信内容は丁寧に解析したことがない。)

2018-12-29なので、僕はアマゾンで地域設定を変更するときは、わざと無限スクロールしないページ(たとえばヘルプやカート)にアクセスしている。全くの無駄だ。せめてヘッダーの言語設定の隣に地域設定のアンカーを配置できないものか。

2018-12-29アマゾンって言語設定がドメインも縛ってるから、地域設定を日本にしてると amazon.com から amazon.co.jp にリダイレクトするんだよね。それだけではなく、アマゾンのサイトは無限スクロールするので、フッタで地域設定を変更しようとしてもページの下まで行ったら次の商品リストが勝手にロードされてフッタが押し出されてしまう。本当にこの JavaScript バカが設計する UI というのはユーザビリティを学んだことがないか、こういう UX を強要するマーケティング部署の社内奴隷なんだろうなぁ。エンジニアやデザイナーとして少しは恥を知るといいよ。

2018-12-28神野さんと中才先生によるヒュームの Enquiry の新訳。この値段なら学部生でも普通に買える。http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?isbn=9784814001781

2018-12-28こうして思い返すと、クライアントが社内で運用しているサーバやハウジングで運用しているサーバというのは、社内の情報システム部門が管理していたり、外注に丸投げしていたりするわけだけど(もちろん僕もそういう丸投げ先の一つでサーバを構築・運用している)、たいていはクライアント社内の担当者は面白いくらいスキルがない。というか、予想できることなのだが、知識や経験が酷く偏ってる人が多い。恐らく VB と LAN の知識しかない人間がウェブアプリケーション開発に関わるからなのだろうけど、それに加えてネットワークやシステムの担当者ですら、「システム」とか「ネットワーク」と名の付くものを何でも同一視してしまう錯誤があるに違いない。

2018-12-28ちなみに、この会社には特殊なステージングサーバが組んであって、ステージングサーバを使うために受託側が料金を払わないといけないという不思議なルールになっている。しかも、ここにアクセスするためのパスワードを自動で更新してメールで送って来るのだが、既に10年以上も前に終わってる案件のステージング領域のパスワードを送り続けてきてたので、何度かフィードバックのメールを送ったり、現在は堂島から中之島に移ってしまった広告代理店さんにも話をして、ようやくメールが止まったという経緯がある。

2018-12-28ていうか1月4日「までに」終わらせろとバカなことを言ってくるクライアントがいるので、わざと取ったという事情もある。そんなことやってるから「プラチナくるみん」の認定を取り消されるんだよ、おまえたちは。

2018-12-281月4日から仕事始まりだが、有休を取った。夏季休暇や GW それから年末年始の休暇で一定の日数を確保しないと、買い物へ行ったり本棚(というか床に積み上げてる本の方が多い)を整理する余裕がない。GW を除けば、要するに挨拶とか大掃除とか本来の用事をしなくてはいけないからだ。

2018-12-28ヘンな年末年始のメールの件は、その後でなにやら添付ファイルに不具合が見つかったという理由でメールが再送されてきた。最初のメールは自動送信ではないようだ。結局、28日でも仕事してるじゃないか。

2018-12-28うちも年末年始の予定を全社に告知しない奇妙な会社なのだが(経営会議の議題にすらならない)、取引先にもおかしなところがある。さきほど送られてきたメールに、「私どもの年末年始の休業期間は下記の通りとなっております。」と書かれていて・・・「12月21日(金)〜1月6日(日)」って、おい(笑)。休んでから知らせるとか、無断欠勤のガキじゃあるまいし。

2018-12-28まったくこの通りで、年賀状というのはそもそも挨拶に出向かない代わりなのであって、Twitter や LINE の「あけおめ」と同じだ。新年の挨拶へ出向く相手(たとえば実家)に年賀状を送るのはおかしいのである。http://pmazzarino.blog.fc2.com/blog-entry-310.html

2018-12-28Google 検索がだんだんクソになってるのは周知だけど、言語設定を日本語表示にしたくらいで、英単語で検索してるのに日本語のページが優先されるという不可解な挙動を示すのも非常に困る。"css flex" なんてキーワードで、コリスみたいな翻案サイトを上位に出してくるなよ。

2018-12-28ていうか、いま Osaka Observatory の記事を書いたあとでプライバシー関連のサイトやブログを RSS の登録内容から追いかけていたのだが、CDT ってブログの URL が変わってたのか。フォローアップする方法もなしに、勝手に変えるなよ。Blog Posts Archive - Center for Democracy & Technology

2018-12-28で、なんであずまんはひろみちゅから叩かれたのかな。「広告塔」とか書いてあるけど、日本の哲学・思想・文学プロパーなんて政治的には大昔から《子供》であり続けることに自意識があるのだから、利用されてもしかたないよ。それにしても、名前とかニックネームが平仮名の人たちって膠着語では扱い辛いな。そもそも当人が名乗ってるわけじゃなくて so-called なのだし、「なんで『あずまん』は『ひろみちゅ』から」とか括弧に入れようかな。

2018-12-28僕はそれどころか、アカウントを作成しただけでロックされることが多いよ。特にヘッダー画像を取り換えると、自分で撮影した写真でも更新したとたんにロックされたことが何度かある。色々なところで意味不明のロックが起きているところを見ると、相当な割合で偽陽性の判定をしているのだろう。高木浩光&山本一郎、Twitterに機能制限されて書き込みできない状況が続く : やまもといちろう 公式ブログ

2018-12-27今日は16時過ぎに上がって天牛堺書店へ立ち寄った。今日は一冊580円の均一セールだ。それでも、なかなか興味深い本が幾つかあった。図書館で借りたことがある中村紘一『アメリカ南部小説を旅する』を見つけたし、アリエス『死と歴史』も手に入れた。

2018-12-27さっき後出しジャンケンの話をしたんだけど、多くの会社では「成果に対して給与を払う」という感覚なので、待遇や給与を投資としてとらえる経営者が非常に少ない。先に成果を出してもらうことばかり期待するから「報酬」という言葉しか眼中にないのである。でも、本来は人になにかを「やってもらう」にあたっては、待遇を先に掲げることで人は集まる。採用だって最初は給与を提示するから人が来るのだ。それを忘れて、なぜか働き出すと成果主義にすり替わってしまう。だから、多くのサラリーマンは会社を信用しないのだ(減俸というのは「働かなかったから減らす」ということではなく、「期待できない」という意味である)。人材へ投資するために原資を揃えるのがファイナンスの一つの役割である。原資がなければ「来期に投資できない」と言って給与を据え置けばいいのであって、本人の成果に問題はなく、人材への投資資金を集めるファイナンスに失敗したという会社の責任であることを誠実に社員に伝えるべきなのだ。会社の「運転資金」という発想でしか金融機関を使えない会社は、事業継続なんて無理である。

2018-12-27組織変更・・・半年ごとにやってる気もするが、来年から一部の組織が変わる。そして、最近はよくわからない英語の名称が増えているのだが(もちろん国公立の博士課程を出てるので単語の意味くらい分かる。つまり、なんでそんなフレーズにする必要があるのか趣旨が分からないという意味だ)、今回は経営陣につっこむべきかどうか思案している(笑)。あの単語、ふつうは「生きてる」というニュアンスがあるから、対外的な部署名に使うものじゃないと思うんだけどなぁ。

2018-12-27しかし、先の記事でも言われているように、「データサイエンティスト」なんて分かったような分かってないような名目だけで人を集めると、先に高い報酬で採用しても博士号をもってるというだけのクズが集まって来るから後出しジャンケンに悪い印象を抱く人が多い。でも、それは経営として初手が間違ってるからだ。つまり、採用する側にデータサイエンティストとしての力量を測れない人事がいるからである。何度も言っているし、うちの会社も昔にくらべて格段にレベルが上がっていると思うが、会社の事業継続の鍵を握るのは人事だよ。バカや無能を一人でも入れるだけで社内のリソースが浪費されたり生産性が落ちるし、他の従業員のモチベーションも下がる。

2018-12-27というか、ソフトウェア・エンジニアリングや「システム」と名の付く色々な分野で、似たような人々が既にたくさんいる。とにかく「システム」なるものを導入すると、何かが簡単になるってくらいならまだしも、「簡単に『売り上げが出る』」とまで思い込んでる経営者が多いのが困ったところだ。運用する我々のような人材の給料を引き上げない限り、そんなモチベーションが出るわけないよ。昇進や昇給の「後出しジャンケン」は、実は大半の場合に効果が無いか、大して報酬がなければ逆効果だ。先に金を出すからやる気や責任感が出るに決まってるだろう。DeepLearning/機械学習を始めると必ずいるカス - BizDeep

2018-12-27プライバシ保護データ利用技術 (Privacy Preserving Data Utilization Technology) つまりは PET と言っているものと殆ど同じだが、このグループも休止というか停止しているようだ。https://groups.google.com/forum/#!forum/ppdu

2018-12-27やはり書く気がなくなったので、ここで手短に書く。情報法制学会は「賛助会員」なら一般人も入れるが、投稿資格はない。そして投稿資格を得るには大学院生となるか、情報法制の研究に専念できるシンクタンクへ転職するしかないし、更には既存の会員の推薦という人間関係を構築する手間までかかる。要するに市井の企業の実務家としてプライバシー法制に関わっている人間は、実質的に締め出されているわけだが、もちろんコタツ記事並みの文章や妄想を「論文」と称しては色々なオープンの学会へ投稿しまくる素人(いわゆる精神疾患というだけではなく、無知な老人だったりする)は、みなさんが想像しているよりもたくさんいるので、そういう人物を避けるには仕方のないことだと思う。http://alis.or.jp/recruit.html

2018-12-27ということで、さきほど書いていた Note の内容が消えてしまったので、思い出してから書くかもしれないが、そのまま書かないかもしれない。いったん消えると、暫くは書く気がなくなるからだ。

2018-12-27MD や PHILSCI.INFO の Notes は CMS をローカルマシンで運用しているのだが、一つだけ大きな欠点がある。銀行サイトと同じく、確認画面から入力画面でバックボタンで戻ると投稿内容が消失してしまうのだ(笑)。これは、ChatWork のようなチャットサービスで、いつまで経っても未読の表示が消えないのがブラウザのキャッシュ機構に起因すると考えて、キャッシュの機能を色々なやり方で無効にしているからだ。ブラウザどころか .htaccess でも抑制しているので、ブラウザを他のものに替えようと同じである。

2018-12-27ていうか「情報法制学会」のサイトが HTTPS 通信不能とは情けない。いかに口先だけで実務能力やスキルがともなっていないかが分かるな。(学会は発注者としてサイトのプレゼンテーションという非機能要件に決裁を下した責任があります。これが、プロのウェブサイト構築のルールです。)http://alis.or.jp/

2018-12-27『マンゴーと赤い車椅子』という最近の映画の解説をたまたま見たのだが、主人公の女性が姉と比べられて劣等感を抱いているという解説があるのに、この「はるな」という姉はストーリーに全く登場しないらしい(少なくともウィキペディアに全く記載がない)。なるほど、全く登場しない人物に対する被害妄想という演出なんだろうか。

2018-12-26日本企業の生産性とか技術とか品質は向上しないまま、恐らく数年以内には実質的に中国やベトナムに追い越されると思える。僕が思うに、その大きな原因の一つは客の見識が向上しないか劣化しているからであり、そのようになったのは営業のようなサービス職が増えすぎたせいだと思う。特にルート営業なんて無能の掃き溜めである。客の方も、欲しいものがあれば少しは自分で調べたり学ぶべきなのだ。そうして吟味したり、買った相手へフィードバックすることで、品質は向上する。注文取りの小僧を相手にしているだけでは、ものを作る側も独りよがりなガラクタしか作れない。

2018-12-26Our company is less than 1/10,000 business as compared with Nissan, but there are similar points in that things are decided without knowing even executives (laugh). Well, in case of us, even though it is a management meeting, since the real matter is a reporting, it is not a place of examination or approval, so in fact there is no authority.

2018-12-26そういや、ふと思い出したのだけど、World Congress of Philosophy って発表論文を整理して公開するサイトがなくなったり、逆に年を追うごとにイベントのサイトが劣化していったり(笑)、ひどいありさまだったのだけど、あれ何かやってる意義があるんだろうか。だいたいは開催国周辺の研究者が集まって来るだけになってる気もするし。今年は中国で開催されて、納富さんや大場さんが参加されたようだけど、国内でフィードバックするにしても日本哲学会なんて入ってないプロパーも多いしな。

2018-12-26去年の9月にこんなことをやってたのか。PhilEvents で告知とかする前かな。The conference 50 Years of Truth and Meaning will attempt to provide such a re-evaluation.50 Years of Truth and Meaning

2018-12-25自宅ではセキュリティソフトとして AVG を入れている。これは、「プライバシーの問題が見つかりました」とアドウェアみたいな警告を出すのだが、有料の VPN で IP アドレスとかを隠蔽しようという話だ。VPN は、コンシューマ向けサービスの暗号化通信で次のトレンドになるんだろうか。

2018-12-25ああそうだ。僕に GMail でメールをいただくときは、GMail から返信すると HTML メールになってしまう点はご容赦いただきたい。ただ、ふだんから HTML メールを使うのはやめようと言ってる当人が HTML メールを送ってるのは言行不一致でよくないので、特に問題がなければメールソフトで返信する。(今回、船場センタービルについて照会してもらった方には、ブラウザの GMail 画面からではなく、メールソフトから返信しているので、HTML メールではないはず。)

2018-12-25かなり大きなマグカップを会社に置いていて、スティックのコーヒーを薄めて飲んでいる。で、マグカップを流し場で手を濡らさずに洗おうと思って、ダイソーで取っ手の付いたスポンジブラシを買ったのだった。そして、本日から使っているのだが・・・スポンジブラシの水を切るのに、結局は手が濡れるんだよね(笑)。愚かなことに想像が不足していた。でも、まぁいい。手で洗うよりは綺麗になるので、スポンジを使うようにしたのは良かった。

2018-12-25GMO 系列のドメイン管理会社が「ドメイン名ハイジャック」に対策するために有料のオプションを契約しろとメールを頻繁に送って来るのだが、ドメイン名ハイジャックの対策はレジストラや権威サーバを管理しているドメイン管理会社の責任で行うべきことだ。

2018-12-25どうも冗談のようにしか見えないんだけど。どういう音を鳴らすのかはしらんけど、赤ん坊が泣くよりもデカい音だと本末転倒だよね。https://www.honda.co.jp/SOUNDSITTER/

2018-12-25「サーベイ」とすら言えない大づかみの概観なので、具体的に何か刺激的な提言が出ているわけではない。僕としては、複雑な神経伝達の副作用的な現象が「(自)意識」であるという(意識なんて、想像してるほどいいモンじゃないよとデネットが書いたのは至言だった)、ただいま大流行中の議論はもう食傷気味なので、まさしく "the next" を期待したいところだ。https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/2398212818816019Further progress will depend on specifying closer explanatory mappings between (first-person subjective) phenomenological descriptions and (third-person objective) descriptions of (embodied and embedded) neuronal mechanisms.

2018-12-25そういや、ライフゲームの研究って30年くらい前から知ってるけど、いまどうなってるのかぜんぜんわからないな。We report a new model of artificial life called Lenia (from Latin lenis "smooth"), a two-dimensional cellular automaton with continuous space-time-state and generalized local rule.Lenia - Biology of Artificial Life

2018-12-25序盤のパズルをやるだけでも、grid-column-start; や grid-column-end; の使い勝手が何となく分かる。Welcome to Grid Garden, where you write CSS code to grow your carrot garden! Water only the areas that have carrots by using the grid-column-start property.Grid Garden

2018-12-25Do it now and put it in the best place later (if you are talented.) That's a "task management like TETRIS" making head of a vast and different requests.

2018-12-25Osaka Observatory に RSS フィードを追加。それはそうと、日本語の文章に "RSS" のような略記や英文を挟む場合、両端に半角スペースを入れているのだが、これは本来はブラウザのディフォールトで調整してもらいたいし、昔からそういう要望はある。ただ、日付けのような数字は両端にスペースを取ると逆に変な見栄えになるから難しい(「 3 月 29 日」なんて表記には違和感がある)。当サイトの RSS フィードを追加しました - Osaka Observatory

2018-12-24船場センタービルについて質問のメールをいただいていたのに返信できておらず、失礼してしまった。あまり頻繁に眺めていなかったので、せめて数日おきに見ておこう。そういや、船場センタービルのカテゴリーは続編として戦後復興からの沿革を『大阪市史』並みの記述でまとめようと思っていたのだが、大阪大空襲にどうしても興味が移ってしまって、遅々として進まないまま頓挫していた。あと、岸君のような社会学者の方が適任かもしれないが、入居している人々にも少しは関心があるんだけど、これは難しいよなぁ。

2018-12-24ということで、文章の内容から薄々はお分かりのように、いまアマゾンの「社会学」のカテゴリーで新刊情報を遡りながら眺めていて、目ぼしい著作をウィッシュリストへ登録している。もちろん全て買って読むわけではなく、どれを読むかは後で決めるし、読む本でも大半は図書館で捜して借りる。それにしても、久しぶりに眺めるだけで数多くの興味深い本が出ているのが分かる。もちろん、全て読む時間などないが、「そういうアプローチがあるのか」と書名から分かるだけでもありがたいし、そういう「書名の渉猟」だって実店舗の書店を歩き回ったりアマゾンの一覧を漫然と眺める効用なのだ。

2018-12-24ちなみに企業の役職者としての僕がもっている方針は、「1年後にしてもいいことを今やれ」というものだ(笑)。物事の順番なんて、能力があれば後から再調整して組みなおせる。できることは何でも先にやって、成果を出すための部品をいくらでも手元に揃えておくのが、われわれのように有能な人材というものである。つまり、タイムマネジメントやスケジューリングやディレクションというのは、その後の問題なのである。ウェブ制作会社の大多数のディレクターやプランナーが無能だと言っているのは、彼らにはそういう手持ちの部品が殆どないからだ。つまり、ヴィジュアルデザイン・コーディング・開発・サーバ構築・マーケティング・営業の実務経験すらないディレクターなどいくらでもいるし、それらを応用するために必要な数学や通信工学や心理学や美術史や商法や管理会計論の知識もない。要するに素人が勉強しながら経験を積み上げているだけだから、物事の判断が遅いしクライアントの決定に先んじて対応を決められないのだ。

2018-12-24中西輝政さんが、明日でもいいことは今日やるなとかいう主旨の本を書いている。なんで政治学者が日経BPやPHP文庫から出てるクズみたいな若造サラリーマン向けの通俗書みたいな「タイム・マネジメント」の本を書くのか不明だ。まさか、ものごとを延々と先送りにして無思慮に「処理」し続けることが保守の本懐や伝統だとでも、言外に示唆したいのだろうか。

2018-12-24みすず書房からもブルデューの著作が新装版として出ている。いくらなんでも二冊で9,000円に近い専門書を、社会学者の小説だけを読んでる人たちがこぞって買うとは思えないし、買う必要があるとは全く思えないのだが、みすず書房のような専門書の出版社ですら、「フック」があれば利用したいというのが商売というものだ。これはこれでビジネスとしては正しい。というか、僕もブルデューの著作は読んだことない。『科学の科学』くらいは読むべきか。

2018-12-24まったくの正論で弁解の余地はないだろう。鯨は色々なものに利用されているが、日本の近海でとれなくなったら、そういう産業は終わりだ。産業というものは「終わる」ことがあるんだよ。なんであろうと。それを見越して生きる知恵も「文化」というものであって、漫然と機械的に維持するものは文化でも伝統でもない。https://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/7243

2018-12-24例によって信夫君の記事だが、毎月の定番エントリーみたいに付け焼刃の思想史ネタを投じるタスクでも登録してあるらしい。偏微分方程式を解けるていどのことで自分を「理系」だと思ってるらしいから、よく愚かな自然科学者が自意識過剰に漢詩とか小説とかを書いて、人文にも素養があると見せたがる「湯川秀樹コンプレックス」と同じなんだろうか。プロタゴラスの「万物の尺度は人間である」という命題に、ヨーロッパのニヒリズムを乗り超える契機をニーチェは見出した。プロタゴラスが万物の尺度としたのは「臨在性」だった、とハイデガーはいう。ニヒリズムはヨーロッパ的現象である : 池田信夫 blog

2018-12-24学部レベルで経営学のレポートを書くなら、こういう本と共に競合も調べなくてはいけない。スーパーカブが売れてるなんて30年前でも競合は知ってたわけで、競合が市場へ参入しようとしなかったのか、それとも参入しようと何度も挑戦してきたのか・・・そういったことも調べないと、こういう話は常に結果論で終わり、結果論とその説明スキームであるポーターやドラッカーの理屈を知ってるだけでは、正直なところマーケティングや企画広告や営業の役には立たない。https://www.amazon.co.jp/dp/4797673672/各国の地勢や文化、物価の違いはもちろん、戦争や経済不安、コピー商品の台頭…といった数々の困難が立ちはだかっていたのだ。

2018-12-24かつて浅田彰は『ヴィデオ・エヴォリューション』という長時間の深夜番組で、その時代の最先端テクノロジーが芸術や科学のありかたを変えると言ったけれど、それは最先端テクノロジーのパフォーマンスを引き受けるだけの有能な人間がやる芸術や科学なのであって、HAL やデジハリの小僧が IBM の Watson を使ってデジタルアートやデータサイエンスの革命的な理論や作品を作れるなんてファンタジーとはぜんぜん違う。彼は、それをわざとぼかして青学や慶応あたりの無能な大学生の賞賛を集めたわけだけど(笑)、恐らく都内の出版社を利用して小遣い銭を手に入れるには、それがいちばん手軽だったんだろう。

2018-12-24ウェブ制作の業界でも、4K の iMac なんて誰も使ってない。業務として必要ないし、クリエイターだろうと営業だろうと、日本の大半のサラリーマンはパソコンのモニターをどうこう言う以前のレベルで成長が止まってると思うんだよね。人としても企業人としても技術者・専門職能としても。

2018-12-24そもそもテレビ番組が色々な娯楽の多様性の中に埋没しつつある中で、スマートフォンが色々な娯楽のプラットフォームとしてテレビやゲーム機を代替するようになってるから、コンシューマ・ゲーム機が売れなくなるのと同じで、テレビは売れなくなるだろう。それに、画質がコンテンツの本質でもなんでもないのは、FFと同時にドラクエやってきた人間なら誰でもわかってることだ。新4K・8K放送、テレビ局もテレビメーカーも「やる気なし」のワケ(鈴木 祐司)

2018-12-23IME の ON/OFF を表示するソフトウェアとして、会社のマシンでは akinosign を使っていると書いたが、自宅では動かないので(こんなこと書いてると、そろそろ自宅のマシンが古い OS で動いてるのは誰でもわかると思うが<笑)、IMEカーソルというソフトウェアを見つけて使っている。ただし、サイトが既にないので Wayback Machine からプログラムファイルをサルベージしている。http://web.archive.org/web/20020408230538/www.tamazou.com/imecur/

2018-12-23サイバーさんのアメーバって、まだ Flash でしかコンテンツを提供してないようだけど、あと2年で Flash Player は実質的に商業的なサービスでは使えなくなるわけで、もうサービスそのものを打ち切るつもりなんだろうか。だいたい、サイバーエージェントの技術者が HTML5 に置き換えようかなとかブログ記事に書いてたのですら、もう7年も前だ。IT企業の経営陣として、この遅さは「無能」としか言いようが無いな。

2018-12-23芸術の分類に疎い。というか、わざと無視してきたようなところがある。中学の頃から、クラシックだろうとボサノバだろうと演歌だろうと歌謡曲だろうとハードロックだろうと、いいと思ったらなんでも聴いたし、夢の遊眠社だろうと四季だろうと宝塚歌劇だろうと文楽だろうとブロードウェイだろうと、これも面白そうなら観たし、絵画や小説や焼き物や彫刻でもそうだ。要するに、僕には「いいもの」とそうでないものという区別しかないので、雑と言えば雑だし人に説明できない。

2018-12-23Google に要望したいことはいくらでもあるが、Instagram と Pinterest のページは、ウェブ検索の結果から外して画像検索の結果に入れてくれないものだろうか。

2018-12-23たとえば、もし何かの学説や思想を「急いで身に着けなくてはいけない」という根拠があるなら、それは何なのか。20代の頃に自然主義の議論を知っていないと、後から「遠回り」することになるからか。しかしそれは自然主義を「ゴール」と最初から見做していることになるので、既におまえ自然主義が何なのか知った上で言ってるんだよねという話になってしまう。あるいは急いで身に着けておかないと、その後にたくさん業績を出せなくなるなーんて、日本のプロパーがどの口で言うのかという気がする。どちらにしても、何事かを急いで知っておかないといけないという焦りのような観念を哲学に持ち込むのは、愚かなことだ。

2018-12-23自然主義なぁ。国内でも何人かの方々が本を書いているわけだけど、少し時間をおいてから取り上げようと思っている。なにせ、日本のような世俗主義の皮をかぶった未成熟な宗教意識しかない(もちろん神道のことを言っているわけではない)国においては、自然主義のような考え方は政治的・経済的リアリストやポピュリストや科学主義者への哲学からのリップサービスとして好評を博しやすいのは当然だからだ。なので、知的裸踊りで騒ぐ評論家やプロパーの書く御託が出尽くして絶版となった後くらいに、まともそうなものを古本屋で求めて読むくらいでいいのだ。Quine's Naturalism -

2018-12-23Osaka Observatory へ RSS フィードを実装するのは来週の予定。

2018-12-23カルニエリらが編纂した論理学の近刊情報を眺めていて思うのだが、ダ=コスタやブンゲら(ダ=コスタは来年で90歳、ブンゲは100歳か!)をはじめとする中南米の業績には、何か地域に特有の観点とかトピックがあるんだろうか(必ずしも文化や行政制度による偏向とは限らない)。

2018-12-23海外ではどうなのか知らないが、国内では俗に言う一般雑誌や総合誌と呼ばれる媒体に(とりわけあからさまに政治的、党派的な)論評を書くようになった哲学プロパーというのは、もうその後は専門的な著書や学術論文ですら参照・引用される回数が減るように思う。碩学と呼ばれようと学界の重鎮であろうと、田中美知太郎しかり、西尾幹二しかり、古典の翻訳といった業績を除けば、いまでは参照文献表に名前を見かけることは殆どない。やはり「不浄の者」と見做されるからなのだろうか(笑)

2018-12-23ともかく著作権法について全く素養がない人々の明白な特徴と言えるのは、「著作権」という一つの権利しかないと思ってることだ。「人格権」とか「財産権」とか「隣接権」という言葉に何の反応も示さないから、すぐに分かる。

2018-12-23社内に正規の法務部がなかったり、まともなレベルの法律の素養をもつ人間が管理系部署にいないと、やはり人は無邪気に他人の著作権を侵害してしまうのが分かる。雑誌をスキャンして PDF でばらまくのは「二次著作物の利用権」の侵害になる可能性があるし、それならと PDF をサーバへアップロードして URL をメールで知らせるのは「自動公衆送信権」の侵害かもしれない。それでも駄目ならといって、雑誌のコピーを会社の休憩所に置くのは明らかに「複製権」の侵害である。こんなことは広告代理店案件をやってるならディレクターの基礎知識だろうし、そういう人たちから会社の管理部署や経営陣の力量を疑われかねないことは止めたほうがいい。

2018-12-22王将と言えば、高校時代に昼ごはんを王将で食べることもあったので(出身高校は大阪教育大学の生協で食べたり、外へ出て寺田町界隈で食べても自由だった)、さきほど久しぶりに地図で調べると場所が昔と違っている気がする。僕の高校時代だから35年くらい前は、もっと駅の近くにあったはずだ。

2018-12-22先日、帰宅する途中で本町まで来たら『楽山』というカレーラーメン屋の隣にある『福島上等カレーBR』が看板も何もない状態で閉まっていたので、撤退したのかと思った。でも昨日の帰りに前を再び通りかかったら、ルーが売り切れで閉店しただけだった。でも、やはり店が閉まっていた事に変わりはなく入れなかったので、昼食は堺筋本町の王将(餃子の王将、せんば南本町店)で済ませた。ちなみに、僕が「王将」と言うときは常に「京都王将」のことだ。

2018-12-22今日は実家で父親と鍋の日。押入れから西尾訳の『意志と表象としての世界(正編)』を見つけてきたので、なるべく早く読みなおそう。

2018-12-22グローバリズムの典型としてアマゾンをはじめとする企業の収益を寿いでいた経済評論家とかって、考えてもみれば「どこの国でも納税しない」という脱税スキームを賞賛していただけではないのか。つくづく、経済学者や経済アナリストの「経済効果」なんて言葉は当てにならん。ミクロ経済の教科書とかについても、数式の羅列に圧倒されて騙される人は多いわけだけど、経済思想の本を何冊か読んでるだけでも重大な価値判断をスルーしていることが分かる。そして! 科学哲学も同じだよというのが、STS だけではなく最近のソフトな科学哲学のトレンドだ。

2018-12-22RSS フィードを購読しているブログの多くは、そろそろ「今年の一冊」という話題の記事を出している。僕は選んで薦めるほど多く読んでいないが、文庫本を一冊だけ紹介するならチャトウィンの『パタゴニア』だ。基準は、時間があれば再読するだろうなと思う本である。なので、読めば終わりの「情報」しか取り柄がない本は、やはり重要なポイントを一つでもつかんだら、もうそろそろ売ってしまう方がいいのかもしれない。パタゴニア :ブルース・チャトウィン,芹沢 真理子|河出書房新社

2018-12-21よく大家とされる人々が自虐的に「哲学とはヤクザ者の学問だ」みたいな話をするのだけれど、僕はこういう話も一種の bullshit だと思っていて、卑怯だと思うんだよね。僕は、哲学をする「必要がある」チャンスというものが限られていると考えている。哲学すべき「人」という単位で限定してしまうと、それはつまりこれらの大家たちと同じく、裏返しのファシズムにすぎないからだ。なので、philsci.info で「哲学をしていると称している人には正常と異常の区別がある」と言っているのは、素人「という人間」や、下らない思い込みに取り付かれたバカ「という人物」にまともな哲学をする資格が無いと言っているわけではなく、そういう状況では愚かなことをしているのだと言っているだけなのである。もちろん、大抵の素人や無能にアドバイスなどしても無駄なのだが、無駄ではない場合もある。

2018-12-21そろそろ連投も最後にするが、古典とかを90分で学べるとか200ページで分かるとかいう本が幾つか出てるわけだけど、逆に僕のような人間からすると、「90分で俺が分かるような古典なら、大学で学ぶ必要など無い」と思ってしまう。それに、そんな本を書くことが本当に可能なら、これまでの古典研究者たちは全て無能ということになる。たかがアジアの僻地でごちゃごちゃ書いてるだけの、学位もなければ現地に留学すらしたこともない連中に、なんでそんなことができると思えるのか。読むまでもなく、冷静に考えたら、それこそ皮肉にも哲学の古典を読む前から「ア・プリオリな真理」なるものが分かろうというものだ(笑)。つまり、この時点でどう考えて判断するかという点にこそ、自分が哲学をそもそもやる必要があるのかどうかを推し量る目安というものがあろう。つまり、その「簡単さ」が真実であると仮定するなら、簡単にできることなら大学でやる必要などないし、そもそも簡単にできた筈のことをやっていなかった自分自身の徹底的な無能さは、大学へ行こうとどうしようもないと知るべきである。

2018-12-21ちなみに、僕はアマゾンで文庫の近刊情報を眺めるときは、講談社学術文庫や岩波文庫やちくま学芸文庫といった、要するにまともなレーベルだけに絞った検索結果のページをブックマークして利用している。出来合いの「新書・文庫」というカテゴリーだと、巨乳幼女が表紙に描かれたラノベとか、河出書房のエロ小説とか、有象無象のネトウヨや左翼の紙屑、そして占い系の駄本に素人の自費出版などという夥しいクズを、われわれ大半の消費者が人生の一部を使って選別する労力そのものが社会的な浪費なのである。Amazon は、Facebook とデータを共有して、いったい何をしているのか。どのみち、われわれの選択した結果を勝手に使っているなら、もっとまともなアルゴリズムを開発せよ。

2018-12-21何年か前に『こんな夜更けにバナナかよ』という作品が文庫化されたと思ったら、今度は映画のノベライズとしても出ているのか。15年前に単行本で最初に話題になったときに読んだ際の印象しかないが、どうしていまごろ映画化したのだろう。その脈絡というかマーケティングの方にこそ興味がある。

2018-12-21たまに見かけて、失礼な話だと思うが「ああ、まだ生きてるんだ、この人」と思うことがあるのは、中島みゆきさんだ。 CD は何枚か持ってるし、オールナイト・ニッポンを聴いていたこともあるのだが、その当時で既に松任谷由美さんと共にシンガーソングライターとしての重鎮みたいな印象があったせいだろう。

2018-12-21色々な評価の仕方はあると思うので別の意見はもちろんあるだろうけど、僕は姜尚中という人物の最近の通俗的な本は、ちょっと個人的な話が多すぎて読む気がしなくなった。社会科学者として、マックス・ウェーバーの研究に業績があることは『朝まで生テレビ』に出てくる前から知っていたのだが、このところプライベートな話題を取り上げる本が多くて、学問的な難しさとは別の意味で僕には難しすぎる。

2018-12-21講談社の「興亡の世界史」というシリーズは、中国は唐の時代を取り上げた一冊が非常に面白かったので、単行本を買い進めるのが難しく放っておいたら、いつのまにか学術文庫から再刊されている。幾つか読んでみたいが、文庫としてもそれなりに値が張るので、やはりまだ放置している。というか、特に訂正がないなら古本で単行本を読むほうが老眼には優しい。

2018-12-21ああ、あと数年前までは正月になると『銀河英雄伝説』を1日に6時間ずつくらい観ていた時期があったのだが、これもさすがに途中で止めてしまった。筋が分かって意外に凡庸な結末(二人の主人公のうち、一人はカルト教団に暗殺され、もう一人は珍しい病気で死んでしまう)だったことに気を削がれてしまったためだ。

2018-12-21『失われた時を求めて』の続編が出るたびに思うのだが、これを延々と読み続けて失われた時は、どう求めたらよいのだろうか。まぁ、こういうことはグイン・サーガとかベリー・ローダンにも言えるわけだが、少なくともプルーストの小説はひとまず完結しているわけだし。

2018-12-21黒木さんといえば、大森+村上の微分についての議論を科学哲学のプロパーとして批評するような論説を書くとメールで個人的に約束していたのだが、まだ手をつけずにいる。もう20年くらい前なので、確か和*純*さんともクワインについて何か書く話をしたはずだが、これは記憶違いかもしれないので実名は伏せておく(まぁ、これだけでも分かる人の方が多いとは思うが)。

2018-12-21野尻抱影さんの著作が出るようだけど、僕はずっとこの方を存じ上げなかったので、いっとき東北大の黒木さんの界隈で話題になっていたSF作家だったか、いまでは記憶が殆ど無いのだが、その人物と混同していたのである。その方も野尻と言っていた筈だが、もう彼らの掲示板も Twitter の発言もトレースしていないので、全く分からない。

2018-12-21引き続き文庫の新刊情報をアマゾンで見ていると、「あれ、この人って新潮社から版権を引き上げた筈ではなかったか。なんで新潮文庫で新刊を出してるんだろう」と思ったら、「亜紀違い」だった。

2018-12-21文庫の近刊情報を見ていると、マキューアンの『贖罪』が出ている。一冊にまとめて再刊するらしい。ブッカー賞の作品は「英語としての良作」だけに、日本で売れていないように見受けるのだけど、再刊されるということは珍しく読まれているのだろうか。

2018-12-21もし大修館書店さんが翻訳権を手放しつつあるトレンドがあるなら、やはりここはウィトゲンシュタインの全集をどこかが文庫で出すべきではなかろうか。ちくま学芸文庫に期待したいところだが。

2018-12-21来年早々に、今度はオースティンの改訳が出るらしい。これは坂本さんらの訳本が入手し辛いから分からなくもないか。

2018-12-21なんだか、ここ最近は単独で幾つもの古典を翻訳する人が増えてるけど、全てオルタナティブなんだよね。正直言って改訳は(間違いを参照するリスクはあるにせよ)お手本があるわけで、もうちょっと未翻訳のものを選んでほしい。『精神現象学』とか『存在と時間』とか、わざわざ改訳を出す意味があるとは思えないね。

2018-12-21それなりに業界内では話題となることが幾つかあったからか、色々なウェブ制作会社さんから業務提携・・・というか、要するに仕事くださいみたいなメールをもらう機会が増えている。だいたいは制作の部署で対応していると思うが、たまに僕も(制作業務の一部は担っているし、いまでもプロのウェブデザイナーとして仕事をしていると思うので)相手のコーポレートサイトを拝見すると、やはり僕自身がバックオフィスの部署に在籍しているので、"People" と称して管理部門の人間が全くいないかのように扱ってる会社さんはどうかと思う。もちろん管理系の部署には「紹介してくれるな」という人が多いのは知ってるから、管理系の部門を割愛するなら "Creative team" とか、まともな英語を使っているつもりなら言いようがあるわけで、これも英語をふだんから使っている人間としてはどういう英語力なんだろうと思う。ちなみに、設立してから3年ていどの都内の制作会社さんだが、美麗なオフィスを構えておきながら大阪の制作会社に仕事くださいはないよなぁ。こういう判で押したように繰り返される無駄な投資をして消えてゆくウェブ制作会社を山ほどみてるわけだけど、制作会社の経営者というのは失敗談をブログとかに書かない傾向があるから、後からいくらでも同じ間違いをするんだよね。

2018-12-21いつも 6:45 に1段目のアラームを鳴らしている。おおよそ1段目が鳴るか、どういうわけか鳴り出す数分前に目が覚めるのだが、実際に起き上がるのは冬場だと数分ほど遅れるのが人情というものだ。それから、あまり大声では言えないが起床するとベランダに米粒を蒔いてスズメに朝食をやっているのだが、今日は随分と霧が出ていて、近隣で工事が進んでいるタワーマンションは最上階が見えないほどだった。家を8時に出るとすぐに霧は晴れたが、あれほどの霧は久しぶりに見た。

2018-12-21日産の件、ちまたでは一緒に逮捕されたケリーとかいう役員が「日産に出社したことがない」とか「経営の経験すらない、ただの入れ知恵屋」とか言われているが、外部役員なんてたいていの会社ではそんなもんだよ。金づる、取引関係が有利になる人材、あるいは役員会として体裁が整うなら、黒田武士の人形だろうとキティーちゃんキーホルダーだろうと役員に据えたいはずだ。それから、何の実績もなさそうな弁護士や税理士や司法書士が入っている場合は、得てして総会屋対策とか反社系の代理人だったりするのが世の常だ。これは安っぽい経済小説や任侠ドラマのようだが、実際によくあるから三流ジャーナリストや作家ていどでも調べて書けるのだ。

2018-12-21ウィキペディアの記述だけではよく分からないが、この人って大きな業績を上げた元ボクシング選手でもなければ、誰か特別な業績を上げたプロを育てたわけでもなく、まぁオーガナイザーということか。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%A0%B9%E6%98%8E

2018-12-20Osaka Observatory の投稿だが、もう少し一つ一つの記事について関連する情報を加味してコメントを書いたり、背景となる脈絡について調べてから補足したい。単なるヘッドラインの翻訳と寸評だけなら1日に五つでも書けるには書けるが、それでは Twitter の摘み食い諸氏と変わらない情報イナゴになってしまう。なので、1日に1つを原則として、まず一通り RSS の情報を眺めてから投稿する内容を決めたい。

2018-12-20MD のフッタに philsci.info と OO (Osaka Observatory) のリンクを追加。

2018-12-20紙を処分したいが、案件の資料だから何もせずにテナントビルの1階へ廃棄するわけにもいかず、かといってシュレッダーが壊れそうな分量で手間もかかる(段ボール5箱ぶんとか)。なので、溶かして処分してくれる業者さんに頼むこととした。証明書もくれるそうな。1箱500円前後で、事業者はプライバシーマークを取得している。

2018-12-20さきほど Chatter で「機種依存文字を使うと相手の環境で文字化けするので気をつけよう」とかいうメッセージを見た気がする。はて、僕は20年前にタイプスリップしたのであろうか。

2018-12-20Google Japan にいるとばかり思っていた同期が、現在はこちらに移っていたようだ。あちらこちらで頑張っているようだ(別にこの制度が彼の発案かどうかは知らないが)。コンビニエンス・ストアでも留学生と高齢者が目立つし、こういう職場が増えていくのだろう。そういや、うちの会社もそろそろ役職者の平均年齢が40歳を越えたらしい。「すかいらーくホールディングス」は、深刻な人手不足に対応するため、パートやアルバイトの従業員が希望すれば75歳まで働けるよう、制度を改めることを決めました。ファミリーレストラン最大手がさらなる雇用延長に踏み切ることで、働き手として高齢者を活用しようという動きが広がりそうです。すかいらーく 75歳まで雇用延長 深刻な人手不足に対応 | NHKニュース

2018-12-20英語が苦手と言っておきながら日本で殆ど取り上げられない plain English は、行政文書に関するルールについては当サイトでも取り上げたいと思う。なお、今年の最も愚かな表現は、ABC の前議長による "external career development opportunities" というフレーズだ。要するに首切りの言い訳みたいなものだが、「新しい会社でさらなるご発展を」などというのも、だいたいは本気でそんなことは思ってないわけで、似たような意味合いの表現なのだろう。https://www.plainenglishfoundation.com/worst-words

2018-12-20まさに bullshit と呼ぶにふさわしい回答。これを支える人々は、企業法務の鑑と言えよう。まずK社には、同社の広告文言に関して「『飲むたびにうるおいを』というのは具体的にどういうことでしょうか」と訊ねました。この質問に対する答えは、「文字通り、飲んでいただいて喉をうるおしてほしいという意味です」でした。消費者庁が初の措置命令「健康食品」のウソを見抜く方法、教えます(髙橋 久仁子)

2018-12-20Osaka Observatory のソースとして、日頃からアクセスしている reddit のプライバシー subreddit も含めようかと思ったのだが、これはやめた。RSS を購読していると、これブックマークとしての投稿だけではなく、コメントごとに RSS のエントリーとして引っ張って来るので、Feedly で表示する分量が無暗矢鱈と増えてしまい、しかもその大半は素人が投稿したガセや勘違いの単なるクレームだったりする。r/privacy

2018-12-20開発手法のトレンドを手短に知っておくというだけなら、昔から InfoQ や High Scalability は見てるので、おおよそは掴んでいると思う。他にもあるのは知ってるが、まともな記事よりも buzz word をばら撒くような記事が多いサイトだと、いちいち RSS を購読してヘッドラインからまともそうな記事を「拾い出すという工数」が無駄なんだよね。取捨選択こそがコストであるというのは、GAFA 的な発想にも繋がるので危険ではあるけれど、常識的であることも事実だ。

2018-12-20なんとなく、最近のウェブ開発の技術者による「トレンド」というのは、ともかく開発効率の話が多いわけだが、アルゴリズムの設計そのもので効率を改善するという話は殆ど聞かない。そもそも CI にしても、本来は品質管理のフレームワークだったはずが、いまでは「ビルドとテストの自動化ツール」みたいな意味で使われており、これはこれで圧倒的多数が凡人となったコーダやプログラマの世界においては必要なのだろう。

2018-12-20確か情報セキュリティの Twitter アカウントを運用していた頃に、海外のプライバシー保護コンサルタントから招待されて、この PLOW というサービスにユーザ登録したんだよね。ここはソーシャル・ブックマークなので、それから定期的に新しいブックマークが追加されたという通知が GMail にやってきているのだけど、さきほど久しぶりにサイトへログインしようとアクセスしてみたら、"Undefined" しか返ってこない。事情がよく分からないが、もう死んでるサービスなのか。メールは送ってこないでほしいが、ログインできないのでは設定を変更できない。これもまたパーソナル・データの運用に関わる事案なのだが、やはり金や人手や熱意が切れるとサイトやソフトウェアの扱いもいい加減になるのがベンチャーの悪いところだ。plow.io

2018-12-20CI (continuous integration) だが、やはりどうも僕の業務では不必要かつ邪魔でしかないので、導入するのはやめた。Jenkins のためだけに JRE をいまさら入れるなんてまっぴらだし、最近は Docker なんてブラックボックスも必須になっていて、依存関係が多すぎる(あと Kali Linux の件で Docker には懲りた)。そして、他の CI ツールは殆どが GitHub など既存の CVS と連携するオンラインサービスであり、プライベートで使うならともかく、プロダクション用途のソースコードを他人のサーバに上げるなんて嫌だ(いつまで会社がもつのかもわからん弱小ばっかだし)。

2018-12-20ついでにエスカレータについて書いておくと、片側が空いてるかどうかにかかわらず、そもそもエスカレータを登るという行為を難しくすればいいのだ。たとえば、可動式の柵みたいなものを「安全」と称して一段ずつ付けたらいいかもしれないし、危険かもしれないが一段の高さを倍くらいにすればいいかもしれないし、更には一段おきにそもそも乗れる場所を交互に無くしてしまえばいい(子供連れに対応するため、乗る場所の幅は 1.5 倍くらいにすればいいだろう)。どのみち一段おきにしか乗らないのであれば、互い違いにしか乗れないような仕組みにしてもいいだろう。

2018-12-20たまにアクセスするブログだが、この記事は意味不明だ。そもそもエスカレータの乗り方でこれだけ話題が続いているのは、片側を空けないと、急いで登って来るやつに高速道路でパッシングされるような威圧を受けると多くの人が思っているからであり、それを誰が無力化してくれるのかという問題だからだ。社会学者は人々のそういう心理や振る舞いを分析するのが仕事であって、その後でエスカレータにどう並んで乗るかなんて、社会学者が提案する必要などない。http://pmazzarino.blog.fc2.com/blog-entry-309.html

2018-12-20信夫君の記事で趣旨の分かりにくいものがある。これもその一つで、恐らくは分かりにくい皮肉を書いているのだろうとは思うが、分析して見せるだけでは不十分だ。「ゼロリスク」を求める合理的な感情 : 池田信夫 blog

2018-12-20「なぜか」って。そら、もともとそうだったという実状に合わせただけではないの。ここでは何度か書いてるけど、コンプライアンスだの何のといちいち自分たちで「やってあたりまえのこと」を言う会社は、要するにそれをやってないと公言してるのと同じなんだよ。Google Removed Its "Don't Be Evil" Clause - Organic Prepper

2018-12-20アドバイザーが佐々木俊尚さんや家入一真さんと、相変わらず都内のベンチャーが集めそうな人選だ。元銀行マンの投資家といったファイナンス系の口利き人脈ではなく、たいていはパブリシティ狙いの人脈なのだろうが、まぁよくも判子で押したように代わり映えしない人たちを引っ張り出してくるものだと感心する。ADDress – Live wherever you love –

2018-12-20暑いなぁ。ボーッとしてくるので、上に羽織ってるものも脱いでしまった。社内はエアコンを26度に設定しているのだけれど、僕のいる部屋はサーバ・ルームも兼ねているので、背後のラック(実は「ルーム」とは言っても上部にかなり隙間がある)から排気が出ていて、もっと温度は高いはずだ。

2018-12-20なんか、このところ "Mr. Robert Karofsky" さんからのメールが多いな(笑)。

2018-12-19新しいサイトは、暫定で当てていた画像の扱いが良くなかったので修正した。本文で参考に表示する画像を除いてはロゴ以外に殆ど画像を使わないサイトとしておく。そもそも、そういう条件でも特に問題のないフロントエンドをデザインする能力はある人間なのだから、無理に WordPress のテンプレートみたいなデザインにすることはない。

2018-12-19「お前が言うな」? 俺は全ての論説をここや philsci.info で公開してるし、サーバやドメインだって自分の金で維持しているわけで、アマチュアとしては一定以上の経済的・技術的・時間的なコミットメントも果たしているつもりだ。学会に論文は投稿していないが、そんなもんは就職用にプロパーが率先して掲載すればいいことであって、内容の是非とは何の関係も無い。

2018-12-19この手の情報セキュリティや暗号論に関する論文こそ、Cryptology ePrint Archive があるのだから、先行して上げておけばいいのにと思う。内輪で回すだけの媒体で公開してるだけだと、それこそシュナイアーの法則どおりの「コミュニティの検証を経ていない勝手な議論」で終わる。https://eprint.iacr.org/index.html

2018-12-19ふーん。興味深い論文だが、いずれにしても、僕がダウンロードして読める二年後まで業績として陳腐化しないよう祈るしかないな。https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&block_id=8&item_id=192934&item_no=11999年WhittenとTygerにより「Why Johnny Can't Encrypt: A Usability Evaluation ofPGP 5.0」が発表された.この論文は,PGP 5.0のユーザビリティについて検証を行った論文であるが,セキュリティとユーザビリティという分野に対して多くの先駆的な考え方を持ち込んだ論文でもある.その後,暗号化とユーザビリティについて多くの研究がなされた.また暗号化だけでなくプライバシやフィッシングなどセキュリティの全般でユーザビリティの研究が活性化するきっかけともなった.Whittenらの論文からどのように暗号化とユーザビリティの研究が進み,そして現在ではどういった段階にいるのかを調査する.そして調査した結果をふまえ,いくつかの考察を加えて今後暗号化とユーザビリティに関する研究がどの方向に向かうかを予測する.

2018-12-19どうも社内でヘルプデスクのようなことをやっていると、「わからない」とか「~できない」と言ってくる人の大半が、オンラインサービスやアプリケーションの基本的な使い方が分かっていない(要するに利用マニュアルを読んでいない)ということが分かる。いったい何の自信があるのか不明なのだが、ネットベンチャーなるものに勤務してるだけでオンラインサービスを直感的に使う能力が身に着くとでも思っているらしい。現実には、こういう人々がネットマーケティングだの Facebook の有効な使い方だのとセミナーの講師をしているのだから、恐れ入る。

2018-12-19記事は四つしかないが、ひとまずお披露目した。これから、毎日1つは記事を追加していくことにしたい。なぜなら、RSS で購読しているプライバシー関連のサイトの情報を眺めていると、毎日のように話題は出てくるのに、それらをフォローする媒体が日本にはない(というか国内の話題についてすらない)からだ。自分にとっても、こういうサイトがあると後から調べ直すのに便利なので、別にジャーナリストや高木さんの周辺にいるインフルエンサーとは違って、パブリシティなんてどうでもいい。フロントページ - Osaka Observatory

2018-12-19本日は朝からオービックのサポートさんとのやりとりがある。リモート・デスクトップでサーバへアクセスすると、シマンテックのバックアップ・ソフトがエラーを吐いている。どうやら NAS にアクセスできないようだ。先日、テナントビルで計画停電があったため、復旧できなかったのだろう。だが、外付けの HDD ならまだしも、NAS はサーバなどと同じで電源が入れば起動する。実際に電源は入っているのに、OS が立ち上がっていない。これも、停電時の復旧手順に追加しておこう。

2018-12-18たぶん初めてだろうと思うのだが、さきほど帰宅する途中で、コンビニエンス・ストアの自動ドアの前に自転車が止めてあった。両開きのドアの片方が自転車が塞がれている。このバカは左側のドアから店内へ入ったのだろうが、事情を知らない人が内側から右のドアを通って出て行こうとすると、いきなり自転車が置いてあって驚くに違いない。よく自転車を倒さずに避けて出て行っているものだ。もちろん、こんなことをする人間はごく一部だが、ゴキブリと同じで自分の生活圏に出てきたという事実に注意しなくてはいけない。

2018-12-18Salesforce Chatter にアクセスすると、文字が全て表示されなくて枠しか表示されないという現象に出くわした。文字を表示するよりも枠を表示することを優先しているメッセージング・サービスとは恐れ入る。最近、ウェブサイトでも、アクセスすると数秒ほどしてからコンテンツが一斉に表示されるという事例が増えたのだが、自分たちの都合だけで勝手にサイトを JavaScript とライブラリで実装してしまう、「シャブ漬け」の無能なデザイナーしか国内には残らないという事態になりつつあるのだろうか。

2018-12-18私的に総括した仏教史の一つ。これまでにも、もちろん多くの研究者や僧侶が私的な仏教史を書いているが、碩学が手にしていることが多いためか総覧的な内容になりやすく、はっきり言うと退屈だ。その点、本書は当人としての割り切りが随所に差しはさまれるので、恐らく評価は分かれると思うが個々に納得できる。ただ、サイトで宣伝されているほど「死」については掘り下げて書かれていないし、特定の哲学を引き合いに出す必要があるのかどうかも不明な、ややペダンティックな論述も見受けられるが、概して論述の方針は明確であり、最後には予想される質問(どうして日蓮や朝鮮仏教を扱わないのか、とか。いや、そんなこと言い出したら限度がないと思うが)にも誠実に答えていると思う。「諸行無常(=すべての“実存”は無常である)」。そうブッダが説き始まった仏教は、インドから中国、そして日本へと伝わる過程で、「仏性」「唯識」「浄土」などの「超越的理念」と結びつき、大きく変化していった。南直哉 『超越と実存―「無常」をめぐる仏教史―』 | 新潮社

2018-12-18ちなみに、ローカルで記事を投稿してデータを貯めていけるので(実際には MD 等の CMS と同じで、ウェブサーバにもデータファイルはアップロードしているが)、一定の分量が貯まってからサイトを公開する。もちろんドメインも取ってるし、ローカルではページのデザインも進めているが、貧弱なコンテンツのまま公開しても仕方ないので、記事が10個くらいになったら公開するだろう。

2018-12-18とりあえず、新しいサイトの記事を投稿するシステムは一通りできたので、三つほど記事を作ってみた。先に書いた通り、「横のものを縦にすることすら、国内のプロパーはやってない。それなら俺がやる」と言ったとおり、投稿している内容は EFF の記事の冒頭を翻訳して、記事をざっと眺めてみた自分の感想を追加するというパターンになっている。このていどの作業であれば、おおよそ1日に3本くらいずつは投稿できると思う。「セキュリティーホールmemo」と内容が被る場合もあるとは思うが、それは仕方ないし、言及するサイトが増えるのは良い事だ。

2018-12-18僕が、科学ライターやまともなジャーナリストを育成するべきだと言っているのは、やはり学術研究者の本来の仕事はアウトリーチではないと思うからだ。ケインズの言葉を引いて、学者もビラを書かなくてはいけないと勝手に個人として実行するのは勝手だが、どのみち彼と同じていどに有能な人間でなければ、世の中に紙屑を増やすだけに終わる。

2018-12-18日本には、これから業界はこうなるとか世の中はどうなると解説してくれる物書きや大学教員はたくさんいるんだけど、それを人様に説明して見せられるくらい早くから知っている筈が、そのアドバンテージを利用して何かを打ち建てた人間なんて、実は殆どいない。つまり、大学教員や評論家やジャーナリストが言っていることは、彼らが本を書いたりトークイベントで喋っている時点で、海外ではとっくに常識となっている可能性があり、要するにそういう人たちは相変わらず横のものを縦にするだけの「情報密輸業者」ということになる。かなり前に、落合君はそういう「密輸品」を欲しがるバカな官僚やマスコミの「運び屋」にされてはいけない有能な人の一人だと思っていたのだが、どうも最近は評価が変わりつつある。あと1年経っても似たような調子なら、やはり彼もこれまでの蓄積を適当に組み合わせて吐き出すだけで終わるのだろう。

2018-12-18当社の仕事納めは28日となっていて、当日は16時に解散という予定表がさきほど告知されたのだが、結局は先週の経営会議でも仕事始めの予定については誰も何も話題にしなかった。常識的には4日の金曜日からと考えてよさそうだが、なんで総務が社内に年末年始の予定を告知しないのか。電通案件やってたら、休暇とか言っても無意味だからか?

2018-12-18いま制作中の新サイトもローカルで動く CMS を採用しているのだが、カテゴリーとか記事のタイトルも投稿できるようにしているので、MD や philsci.info とは異なる。それに、MD などではページに複数の記事のタイトルを並べるブログみたいな機能はない(個々のデータはタイトルや本文を変数や配列ではなく define() の値として定義してるから、1ページ内に複数の値を展開できない)が、今回はデータを保存するときに変数としてある。

2018-12-1820年くらい前まではよく買っていた文藝春秋の『日本の論点』だが、ここ最近は色々な出版社から出てるんだな。宮台さんが個人で新書を書いたのは知っているが、他にも大前さんが個人で書いてるようだ。まぁそれだけ論点がたくさんあって、人によってウェイトも違うということだが、あまりにも多いと結局はキリがなくなるので、日頃から新聞を読んでおけばいいという話になる。

2018-12-18人事の業界では既に教科書的とも言えるほど常識に近いことだが、自分の立ち位置とか値打ちの脈絡を理解していないと、芸能人やアナウンサーだけではなく転職というもの全般には大きなリスクが伴う。NHKのアナウンサーで民放に転職してから大して視聴率も獲得できずに消えていく人は大勢いるが、その多くは「NHKの職員なのに」という意外性で好評を博しているだけだと気付かないからなのだろう。

2018-12-17「元祖 WeLQ」と言ってもいい、著作権侵害とコタツ記事のオンパレードで一世を風靡したサイトが、まだ生き残っている。どこから資金を得ているのか不思議だが、まぁ他人のことは言えない(笑)。TABI LABO

2018-12-17うーん。SAKURA インターネットで最初から提供されてる yum のリポジトリだと、NSD なんて 4.1.22 のままで何か月ほど止まったままでいるのか分からんね。

2018-12-17俺 Photoshop を使って 15 年以上にはなるけど、初めてクラッシュしたのを見たよ(笑)。モリサワ Passport だけじゃなくて Adobe のフォントも追加して 4,000 個(書体は 1,300 個)を越えてたら、そらまぁフォントを変更するのに一覧表示するだけで落ちるのも仕方ないか。

2018-12-17日本語版ウィキペディアの「ネットワーク中立性」は、意外に分量が多い(内容が適切だとは言ってない)。注釈のほぼ全てが英語のリソースしか参照していないので、またぞろ英語版の翻訳かと思ったが(実際、履歴を見ると最初は一部の翻訳だった)、中身を詳しく見ると英語版にはない「エンドツーエンド原理」もリンクだけではなく関連する話題として簡単に解説されている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E4%B8%AD%E7%AB%8B%E6%80%A7

2018-12-17会社では、情報セキュリティのオンライン・小テストを本日から実施している。12月で会計年度を締める会社なので、これが今期の最終となる。いつも年末は受講率が下がるので、期間中には何度か呼びかけないといけない。

2018-12-16こういういい加減なことを根拠もなしに専門家ぶって「ちらっと」言うから、読んでる方が不安になったり混乱するんだよね。ちょっとは高校の「現代文」や小論文を代ゼミのテキストで勉強してから他人が読む文章を書いたらどうなのかな。MSN で読むと署名もプロフィールも表示されてないから、大学を出てる人間かどうかすら分からんけど、君らはお金をもらって文章を書いてるならプロなんだろ?十分に強いパスワードを作って定期的に変更すること自体がダメなわけではありません。実際その方がセキュリティは向上するはず。強力なパスワードを作る法則とは? 意外と知らない「パスワード」のハナシ

2018-12-16小浜逸郎という人物は、初めて『朝まで生テレビ』で見かけた30年くらい前は、確かサングラスをかけた髭の青年という印象しかない。喋っていたことといえば、塗り絵みたいな「評論家的」とも言えるコメントで、殆ど何を言っていたのか記憶には残っていない。しかし、さきごろウィキペディアで事績を眺めたところ、意外にも「現象学的ネトウヨ」という印象に変わった(笑)。

2018-12-16Facebook はブラウザによってアカウント情報の保存方法が違うんだな。会社のモダン・ブラウザでは複数のアカウントを切り替える機能が提供されるのに、自宅のブラウザにはそういう機能が見当たらない。(もちろん、Facebook は昔は複数のアカウントを登録できたからだ。)

2018-12-16自宅では古い(正直、企業の情報セキュリティマネジメントの最高責任者として公言するのが憚られるほど古い)Windows を使っているので、そういう環境でも使えるブラウザとして Vivaldi を入れているのだが、Vivaldi で困るのが起動したときに常にタブが二つ開くということだ。「ホームページ」として設定してある localhost が開くのはいいが、それと共に必ずスピードダイアルのページが開いてしまい、そしてこれを設定で抑制できない。古い Windows では、あまり嬉しくないメモリとマシンパワーの浪費だ。

2018-12-16ネットワーク中立性についても、しばしば語られるのが「規制はクリエーティブを阻害する」といった bullshit(クソ話)だ。もともと、私企業だろうと公的機関だろうと、あるいは個人の家でだろうと、勝手にやってる研究や開発を法律で何でもかんでも規制などできるわけがないし、そんなことでサービス開発を阻害されたベンチャーの事例など一つも無い。規制があるのは、それをソースコードやプログラムとして P2P やウェブで公開したり、サービスとして提供する場合だ(クリエーティブが「プロジェクト公開」とか「マネタイズ」のことだと思ってる者などいまい。敢えてミスリードしたいならともかく)。簡単に言えば、コンピュータ・ウイルスを自宅で個人が開発したり、確実に名誉毀損となるヘイト文書を個人が自分の日記帳に書くことすら、現行法の範囲では自由である(もちろん児童虐待のように、それが自宅でやっていることであっても犯罪は犯罪だ)。というわけなので、しょせん、「規制はクリエーティブを阻害する」などというクソ話を何度も口にするのは、それが bullshit だと分かった上での IT ベンチャー経営者のポジショントークか(あるいは発達障害等の原因で全く無自覚な経営者もいるが)、無知なエンジニアやデザイナーのたわごとにすぎない。

2018-12-15パーソナル・データに関するサイトを作ると言ったが、やはり Net Neutrality も扱えるようなサイトにしたい。このテーマも日本では(もちろんわれわれにも影響があるのに)殆どマスコミどころか学術研究者にすら取り上げられていないからだ。

2018-12-15クラークの本も、自然科学者の手になる「死」を扱った本としては定石どおり、ヘイフリック限界やアポトーシスや進化論の話などを取り上げているのだが、それ以外にもクインラン事件のような事例も詳しく扱っていて、一読に値すると思う。

2018-12-15philsci.info で公開している thanatophobia に関する論説について、図書館で借りて一読した本の中では良く書けていると思ったのが、ウィリアム・クラークの『死はなぜ進化したか』だ。既に邦訳の出版社すら無くなっている絶版の書だが、非常に状態のいい古本を手に入れた。

2018-12-15Yahoo! JAPAN でも他のサービスでも言えるけど、なんでテレビの番組表は過去の番組の情報を「隠す」の? これ敢えてやってるだろ。たぶんそのままにしておくとスクレイピング大好きなプログラマ小僧にデータを好きに引っこ抜かれるからかもしれないが、あれは不便このうえない。

2018-12-15Android 版の Google Chrome で作ったショートカットから開いたブラウザって、他のブラウザだと画面の上辺にあるメニューが出なくなるんだよね。あれはちょっと使いづらい。

2018-12-14いま紹介したヴィトゲンシュタインの辞書にしても、これを読んで具体的に教育学だろうと哲学だろうと学術成果として活用できる人なんて日本に5人もいない筈だ(もちろん鬼界さんや羽地さんのような専門の研究者には献本すると思うので除外している)。しかるに、講談社の見込んでいる販売部数が3,000冊や5,000冊だとしても、これを喜んで買い求める圧倒的な数の購買者は、分析哲学プロパーどころか哲学科の学生ですらなく、ヴィトゲンシュタインの愛好者であるか、悪ければただの思想オタクかもしれない。しかし仮にそういう実態でも、商品が普通に捌けると見込まれているなら、それはそれで出版社にとっては好都合な市場が維持されている国だと言えるだろう。もちろん、おかしな国ではある。こう言っては悪いが、こんな本をいちいち商業翻訳してペーパーバック(海外ではそういう扱いだろう)として出版しても、国内市場だけで元が取れる国などそうはない。

2018-12-14日本の出版社というのは、本当によくわからない出版計画と方針を持っているなぁと思う。或る意味ではデタラメのように思えて、それでも一定の数が捌けると見込んでいるのだから感心してしまうのだが、他方ではヘイト本だろうとウィキペディアからのコピペ国史だろうと、なんだってありで消費されつくしてしまう。つまりは、厳密な意味において(笑)、ミームというものが新しく発生しようと海外から持ち込まれようと、既存のメンタリティにことごとく回収されてしまう国と言っていいのではないか。http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000310668ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン(1889-1951年)が生前に公刊した著書は、たった2冊である。1冊は『論理哲学論考』(1922年)、残る1冊はその4年後に刊行されている。それが『小学生のための正書法辞典』(1926年)であり、本書はその本邦初訳となる記念碑的訳業である。

2018-12-14そろそろ昔の記事も見直して追加したり拡充したいのだけど、黄金比については、こういう議論を参考にしたい。もちろん僕は「黄金比なんて何事にも何の関係もない」などと書いた覚えはないので、今度は積極的に(しかし通俗的なこじつけを排して)黄金比を取り上げたいと思う。Computer Science and Biology Explore Algorithmic Evolution | Quanta Magazine

2018-12-14Alex Rosenberg のインタビュー。How History Gets Things Wrong -

2018-12-14現状、このような見方がある。Sadly, it doesn’t seem Google has learned much since Damore’s firing. And given Google’s influence throughout the corporate world, that is disturbing.Inside a Google Summit on Diversity and Inclusion - Quillette

2018-12-14まかり間違えば、哲学にナショナリズムを持ち込むだけの馬鹿げた話になりかねないわけだが、日本でも似たような議論はできる。僕は西田や京都学派、あるいはもっとベタなところで言えば梅原さんが「日本の哲学」だとは思っていないが、確かに彼らが研鑽を積んで、或る意味での「格闘」をしたのは事実だと思う。Philosophy is the new battleground in South Africa’s fight against colonialism

2018-12-14歩行論にも関連する話題だ。If you don’t have a car in Houston or Phoenix it can be difficult to buy bread without having to cross a road that has no marked pedestrian crossing—many streets don’t even have sidewalks. This car-centric design puts women at a double disadvantage: Not only are they at greater risk while traveling through some of these areas, but gender disparity in incomes means it can be harder for them to buy and maintain an automobile, making what James Howard Kunstler calls “the national automobile slum” even more inaccessible for them.Your City Has a Gender and It’s Male - Issue 67: Reboot - Nautilus

2018-12-14保守反動的な人物が朝日新聞だけを購読していても、批判的な読み方というものができていれば問題はない。しかし、そういう読み方は、実は新聞なんていくら読んでも培われないんだよね。新聞は、新聞に書いてあることを疑えなんて絶対に書かないからだ。僕が、一部の中学校とかでやってる NIE (Newspaper in Education;「教育に新聞を」)に昔から批判的なのは、そういう理由もある。(それはそうと、ウィキペディアの「NIE」には下記のような文があるのだが、句読点すらまともに使えない人間が新聞にかかわる事項を編集するとは、どういう料簡なのか。)https://ja.wikipedia.org/wiki/NIE教育現場の中で、NIEのノウハウを持っている教師が継続的に赴任する訳では、無いので異動後の授業ノウハウの継承が出来ない

2018-12-14誰がどういう場合に言ってるのか、実はよく分かっていないのだけど、昔から学識なり世の中についての見識を積むには、全国紙を全て読むことが「正しい」などと豪語してる人たちがいるらしいんだよね。僕は、これは新聞関係者のプロパガンダだと思ってるし、こういうことを実行していた人がいたとしても、ジャーナリストとしてスクラップブックを作っているような「実務家」でもない限りは、その多くは自己満足に終わると思う。そもそも、読売・朝日・毎日・産経という全国紙を全て購読するには(申し訳ないが日経はただの「業界紙」にすぎない)、現在だと朝刊だけの料金でも月額の合計で 12,000 円ほどかかる。家族も読めるなら、これをおとーさんの小遣いからではなく家計の諸雑費として捻出するとして、いったいそんな可処分所得の家庭がどれほどあるというのだろうか。そして、それが果たして「理想」なのか。正確で公正な判断をするために必要なのは、右から左までズラリと新聞を並べて読むことなどでは断じてない。なぜなら、左から右まで並んだバカにものを教えられても真理など分からないのは自明だからである。新聞記者や編集者がバカであるとは言わないが、そういう人々の伝えることを「色々と」読めばいいという発想は、僕には非常に安易で危険で間違っていると思える。

2018-12-14論文のテーマも興味深いが、それに加えて arXiv.org が "bibex" という引用・参照のネットワーク関係を表示するようになっている。https://arxiv.org/abs/1806.07366We introduce a new family of deep neural network models. Instead of specifying a discrete sequence of hidden layers, we parameterize the derivative of the hidden state using a neural network. The output of the network is computed using a black-box differential equation solver. These continuous-depth models have constant memory cost, adapt their evaluation strategy to each input, and can explicitly trade numerical precision for speed. We demonstrate these properties in continuous-depth residual networks and continuous-time latent variable models. We also construct continuous normalizing flows, a generative model that can train by maximum likelihood, without partitioning or ordering the data dimensions. For training, we show how to scalably backpropagate through any ODE solver, without access to its internal operations. This allows end-to-end training of ODEs within larger models.

2018-12-14本当に日本人の多くが『忠臣蔵』という物語を愛好しているのかどうか、本当のところはよくわからない。NHK の大河ドラマでも何度か取り上げられているが、さほど高い視聴率を得たという話を聞かないし、年末年始になれば必ずと言っていいくらいどこかのテレビ局で『忠臣蔵』にまつわる長時間ドラマを放映しているように思うが、こんなものを自宅でずっと観ているのは高齢者、しかも一部の高齢者だけではないか。したがって、「仕返し」の構図が読み取れる事案があると、なんでもかんでも『忠臣蔵』に見立てて論評する通俗物書きが跡を絶たないのは、すでにマスコミが一人でやっている「裸踊り」の感が強いのだが、もしかして当人たちは自覚すらないほど愚かになったのか。(ちなみに、下記の記事は「安易に『忠臣蔵』に見立てるな」という話と、「『忠臣蔵』を安易に義挙として扱うな」という話の組み合わせになっている。)西川社長ら日産経営陣が、専横に耐えかねてゴーン容疑者を排除し、日産の「お家」を守るために立ち上がったとすれば、首を切られた社員たちの仇を討つ「義挙」にも見える。あの会社の騒動も?義挙か謀反か、忠臣蔵の真実

2018-12-14クレーマーという言葉が出てきて久しいが、更に「カスハラ(カスタマーハラスメント)」なる言葉も出て来たらしい。しばしば、日本の凡俗に歪んだメンタリティを植え付けた元凶として三波春夫さんの「お客様は神様です」というフレーズが口にされるのだが、少なくとも公式見解としては店の客やクライアントの話ではない。それどころか、本来の意味合いからすれば観客を「神に見立てている」ということなのであって、目の前の観客がまさに神であるなどと、非科学的どころか宗教としても間違ったことを言っているわけでは断じてない。非常にまっとうな話だ。http://www.minamiharuo.jp/profile/index2.htmlしかし、振り返って思うのは、人間尊重の心が薄れたこと、そうした背景があったからこそ、この言葉が流行ったのではないだろうか?

2018-12-14シルバーのサイトとして有名な FiveThirtyEight の由来はアメリカ合衆国大統領選挙での選挙人の数だそうだが、なかなか面白いセンスだ。もちろん高度にオリジナリティがあると言いたいわけではない。昔から数字を名称に使っているのは、NFL の 49ers や NBA が 76ers が有名だろう。国内でも銀行の名称に「十六銀行」や「八十二銀行」や「百十四銀行」などがある。ただ、その多くの由来は「人数」とか「認可番号」といった、さほど興味深い来歴ではない。

2018-12-14宮崎市定、吉川幸次郎というと東洋史や中国文学の、それこそ都内の安っぽい出版社の編集者が大好きな「知の巨人」と言っていい人々だと思う。内容についてそれぞれ異論はあれ、編集工学おじさんのようなつまみ食い読書のクソ薀蓄を並べ替えたまとめ本のライターなどとは比較のしようがない。もちろん現在でも彼らに匹敵する見識の学者がいるとは思いたいが、残念ながら昨今の出版事情では通俗書の販売実績や SNS などでのプレゼンスなどが先行しないといけない。なぜなら、簡単な話だがそういう人々を見出す出版・編集側の見識が格段に落ちていると思うからだ。バカには、バカが見える範囲で、バカしか見えないのは道理である。しかるに出版業界から「哲学者」として認知されるためには、クソ田舎の高速道路がどうとか「自称教授」と一緒に市民運動を起こしてみたり、耽美系か何かの衣装でカミングアウトしたりといった、(敢えて言うが)哲学や宇宙の真理と何の関係もないスタンドプレイしかやることがなくなるのだ。そのうち、日本のマスコミや出版業界の無知な編集者たちからは、テロかヘイトスピーチでしか哲学者や思想家として認知されなくなるのではないか。

2018-12-14それにしても、この Google 検索で複数のキーワードを入れたときに、勝手に OR 検索でキーワードの優先度まで勝手に決めつけて検索結果を出してくるクソ仕様が、大して多くの利用者から反発も食らわずに維持されているということは、要するに使う側がいかにアホになったかということなのだろう。まったくもって SEO や検索業者の「アルゴリズム」やら「機械学習」やら「人工知能」といった、実は数学としてロクでもないレベルの学生のオモチャみたいなものに、世界中の大人が飼い慣らされたり振り回されているということだ。われわれ大人も更に勉強しないと、キーボードをサルよりもマシに打てる程度の小僧ども(その多くは、スタンフォード大学や MIT の博士号とかいうご褒美をもらっているらしいが)に世の中は攪乱される。

2018-12-14PDF ファイルを開こうとすると、アップデートが済むまで数分待てとダイアログ・ボックスが出る。でも、いったいいつまで待つのか。自動アップデートはいいが、何らかのアプローチで進捗が分かるようにしてもらわないと、これではまるでウイルスだ。

2018-12-13そういえば、大阪市内にモスクはあるのかと調べてみたら、あるにはあるが僕の通勤途中に立ち寄るような場所にはなさそうだ。というか、あったとしても立ち寄るつもりはないが。キリスト教(もちろんカトリックかプロテスタント)の教会は、小規模なものが天満橋や谷四にあるのは知ってるし、森之宮キューズモールの南西には巨大な教会がある。こちらも、寺や神社とは違って気軽には立ち寄り難い。それに、寺はたいてい夕刻になると閉門してしまい入れなくなるため、昔から気軽に立ち寄って休憩するような場所は神社が多かったと思う。いま帰宅途中で津村別院に立ち寄っているのは、「フレームワーク・ライトアップ」というイベントが25日まであるからにすぎず、本来は16時になると閉門して入れなくなる。ため、このイベントが終わったら帰宅する経路は堂島川に沿ったルートへ戻す予定だ。

2018-12-13いつもは休憩場所の津村別院を出たら南へ歩いて船場センタービルへ入るのだが、たまにもっと南へ歩く。すると、現在は難波別院(南御堂)の正面で大きな建物を築く工事が進んでいる。なんでも期間契約でレンタルする山門一体型の建物らしく、最初に貸したのはホテルらしい。大阪市内の大きな寺は、一心寺といい、来年はギャラリーができる津村別院といい、色々なことをやっているものだ。

2018-12-13帰宅する途中で本町の津村別院に立ち寄ると、どなたかのご葬儀をやっていたらしく、読経が続く中を休憩させてもらっていた。それはそうと、その最中でもライトアップの機材を動かしたり BGM を鳴らしているのには驚いた。

2018-12-13Google+ は既に全く使っていないのだが、思い起こせば昨年くらいにプロフィールのページの UI が変わって、なんだかスマートフォンに特化した「ウナギの寝床」みたいなデザインになった頃から「アホか」と思ってたんだよね。デバイスがスマートフォン「しかない」ならともかく、パソコンでアクセスすると明らかに余白を無駄に使ってるレイアウトなんて、それこそ逆にデザイン(設計)を軽視している証拠だ。ページの表示コンテナやボックス要素を闇雲に縦並びにするだけで「モバイル対応」などという素人をプロダクト・デザインの責任者に採用するから、そういうことになるのだ。

2018-12-13Google Translate はイディオムや構文を逆の意味で訳す場合があるから危ない。"make sense" を「意味をなさない」と訳してる場合がある。

2018-12-13科学基礎論学会に入ったことはないのだが、入会にあたって推薦者が不要という方針は日本科学哲学会と同じく正しいことだと思う。幸か不幸かアマチュアがヘンテコ学説の論文を大量に送り付けるような人気分野でもないから、敢えて閉じる必要もない。あと、別の理由でクローズドにしてる学会は、何らかの業種と密接な関係があって、入会した人が営業行為をすることがあるからなんだよね。建設系とか土木系とか機械・電気系とかも。

2018-12-13ようやく最近は、当社が入ってるテナントビルのエントランス付近に集まって PockemonGo をやる人々は少なくなったようだ。

2018-12-13リクエストが多いのかもしれないが、オフィスグリコって、どうしてあんなチョコレートばかり詰め替えていくのだろうか。他にスルメとかないのかね。

2018-12-13ちなみにウィリアムズの The Ground of Induction は2014年に再刊されたようだ。The Elements and Patterns of Being: Essays in Metaphysics // Notre Dame Philosophical Reviews // University of Notre Dame

2018-12-13いっとき TechCrunch の日本語版は政治的なコンテンツを意図的に翻訳しないというクソ編集だったので無視していたのだが、それを除外しても、なんだか詰まんない話ばっかりになってるね。AOL に買収される前から、既に本家英語版にしてから3流ベンチャーの宣伝媒体に成り下がってた感はあったけど、日本語版は輪をかけて酷い。

2018-12-13あほか。昔から「身売り」なんてたくさん事例があるよ。もちろん、後でファウンダーが蹴り出される場合もあるから、身分を保証するような契約はするのだろうけど、そもそもそれこそが「奴隷契約」だと気付かない時点で、起業家としては終わってる。まず“ゼロイチ”で新しい事業を作り、その事業をリソースのある企業に対して“チームと一緒に売却”し、大きなリソースを武器に一気に加速するというやり方だ。その事業の「種」に対する報酬は、最初は1円でもいい。それが育つにつれて後から成果に応じた報酬を受け取れさえすればいい、という考え方だ。クイズ買取サイト「AQUIZ」がDMMに1円で事業譲渡、代表の飯野氏が目指す“新しいバイアウト”とは | TechCrunch Japan

2018-12-13歴史を知らない筆者による情報工学・情報科学の解説がいかほど「知的にだらしない」ものであるかは、たとえばアメリカの技術者の多くが間接的に何に対して牽制をかけてきたか、何のためにアイデアを形にしてきたかという脈絡が日本の初心者に全く伝わらないという問題でもある。情報科学の文献を真面目に勉強すれば分かるように、その基本的な技術や理論は軍産複合体から発していたり、軍事転用を見越して投資されている場合が多い。

2018-12-13Hacker News というサイトには投稿のジャンルなどないのだけれど、とりあえずテクノロジー業界の起業や経営や技術を中心にしたソーシャル・ブックマークを集めている。僕が reddit だけではなく、ここを好んで使っているのは、リンクの質が良いからだ。有益なリソースを紹介すると、きちんと評価される。そして、こういう知らない話題が出てくる。玉ねぎの先物取引が禁止されているなんて知らなかった。https://news.ycombinator.com/item?id=18667660

2018-12-13そういや違法翻訳が大好きな日本の自称翻訳家はたくさんいるけれど、こういうソーシャル・ブックマークサイトのスレッドをコメントごとまとめて翻訳する人は殆どいないよね。もちろん公表に値しないコメントもあるのは事実だろうけれど、その取捨選択を翻訳家がやるのは、僕は傲慢だと思う。https://news.ycombinator.com/item?id=18668663

2018-12-13日本の情報科学やインターネット関連で読める歴史の本なんて、せいぜい「なんとか12歳というサイトが流行りましたよね」みたいな、日本の「社会学者」の大好物とも言える些事のオンパレードだ。それこそテレビ東京とかが元旦に放映してる「懐メロ歌謡パレード」みたいなもので、後の世代に何も伝わらないんだよ。もちろん、古賀政男メロディは後の世代にもインパクトを与える可能性はある。でも、それは島倉千代子の古い映像を流し続けてりゃいいわけではなく、後の世代でちゃんと受け取った人にも歌ってもらった方が説得力があるんだよ。お高くとまってる学問や文化史でも、しょせんは人のやることなんだし、同じだ。

2018-12-13あと、情報セキュリティに限らず情報工学やコンピュータ・サイエンスや暗号論などの著作の出版傾向を洋書と比べていて分かるのは、日本では或る規格や技術のできた経緯や歴史が殆ど無視されているということ。完全にアメリカ西海岸で流行ってる話題の、しかも上っ面のコピペであって、Apress で出版されたテーマを3年後くらいに日本語で言い直してるようなクソみたいな本が量産されている。これは人工知能や機械学習やロボット工学のような「ホットな(笑)」分野にすら言えることなので、当然ながら先進的な研究を望む学生さんは大学に入ったら日本語の文献を完全に無視するようになるし、海外に留学するようにもなる。なので、日本で日本語でその手の技術本を書いてるのは、要するに「そういうレベル」の人達なんだよね。わかりやすい説明といった、後進国向けのスキルだけがいまだに編集者の殆ど唯一の評価軸になってるわけだから、そういう出版社からどれほど「わかりやすい」本が続々と出たところで、その国のレベルを押し上げるものではない。よく「底上げ」という表現があるけれど、そういう通俗的な本とかテキストは上げるべき「底」なんて支えていないんだよ。実は。

2018-12-13結局、日本の情報セキュリティ関連の人々の議論を見ていて底が浅いと感じるのは、まったくもって情報の取り扱いというのを技術の問題や法律の定め方という、それこそテクニックとしてしか考えておらず、その背景にある社会学的、生物社会学的な、つまりはどうしてそういうテクニックが生まれたり維持されるのかという、社会科学と自然科学の議論や観点が欠落しているということにある。情報セキュリティの読み物全般についても言えることだけど、もう底の浅い(しかしゼネコンで30年くらいキャリアがありますみたいな)技術者や PM や IT 弁護士のクラスチェンジだけで法律や制度を語らせるレベルでは、どこの国の研究者からも相手にされないよ。それこそ「教養がない」という話でしかない。

2018-12-13何日か前に宣言した、主にプライバシーやパーソナル・データ法制に関連して作ると言ったサイトは、PII やアイデンティティに関連するドメイン名を使ってしまうとスコープが狭いので不適切だ。なので、"identifiable.info" を取得し直すつもりはない。問題は、個人を identify することだけではなく、不必要に評価し断定し差別することでもあるからだ。

2018-12-13そういや今年の初めまで持ってた "identifiable.info" というドメインは、まだ誰も取得していないようだ。PII なりプライバシー関連で、".info" という gTLD に引っかけたドメイン名としては優れていると思うのだけど、そんなにパーソナル・データ関連でサイトを運営しようという人が海外ですら少ないということなのか。あるいは、LGBT のサポーターやフェミニストでバトラーとか研究してる人が「アイデンティティ」に関連して取得してもいいようなドメイン名だと思うけど。

2018-12-13"A waste of time is just a waste of life." これ大事だけど、貫徹するのは難しい。

2018-12-13JASA からメールが来て、みずほ総研さんが経産省の委託で審査するという。要するに情報セキュリティ関連の監査・脆弱性診断・デジタルフォレンジック・セキュリティ監視というサービスをするだけの力量があるかどうかを第三者として審査するということだ。なので、ISMS/PMS の運用事業者にすぎない当社は関係がない。全て必須という資格を見たが、システム監査人・公認情報セキュリティ監査人・公認システム監査人・CISA・システム監査技術者・ISMS審査員の資格を全て持っていないと申請すらできないらしい。これを全てもつ事業者や個人なんて、それこそ、みずほ総研か NRI くらいしかいないのではないか。ほぼ出来レースだな。https://www.mizuho-ir.co.jp/topics/2018/security.html情報セキュリティサービス基準適合サービスリストに登録されているサービスのうち、平成30 年6 月に登録された46 サービス(附表参照)から分野毎に1 件ずつ無作為抽出されたサービスを対象に、申請者が提供する文書の審査ならびに申請者への訪問調査をもとに、申請書類に記載された内容が信じるに足り、虚偽がないことを確認します。

2018-12-13ニッセイ基礎研究所の三原 岳さんによる二本立てのサーベイで後編が公開されている。後期高齢者医療制度が施行されて10年が経過した。僕は、ちょうど母親が入院したときに調べ出して初めて知った制度だった。先般の報道にもあるとおり保険料の負担率も変わってゆく気配があるので、残念ながら母親の医療に関連して調べる必要はなくなったが、残された父親をサポートする側の人間としても(そして自分も該当者になるかもしれないのだから)気にはしている。制度改革の議論では高齢者医療費の問題だけでなく、会社が保険料を負担する「事業主負担」や、非正規雇用労働者の問題などを意識する必要性なども論じ、制度改革の選択肢、それぞれの利害得失、さらには多角的かつ分野横断的な議論の必要性を論じる。10年が過ぎた後期高齢者医療制度はどうなっているのか(下)-制度改革の経緯と見直しの選択肢を考える | ニッセイ基礎研究所

2018-12-13会員制なり有料のメディアで勝手なことをあれこれと書いている場合に、誰がどうスキャンしたらいいのかという問題はある。でも、実際のところ隠れてそんなことをやっているのは批判されることが分かってるからでもあり、たいていはカルトと同じ扱いでいいと思う。つまり、そういう媒体の記事にそそのかされて公の場で発言したり出てきた人間を個別に撃破すればいい。しかし、困ったことに出てきた場所がいきなり官公庁だったり立法府だったりすると、有権者は後出しジャンケンで常に負けることになる。もちろん次の選挙で落とせたらいいのだが、代議士や官僚がバカだったと分かるまでは初手で国民が被害を負うという代議制の欠陥はどうしようもない。

2018-12-13こういう医療系コンサルティングの会社が運営している「メディア」というのは、もちろんどこかの業界や業種の利害を代弁したり、意図的なミスリードや印象操作で読者の理解を誘導している場合が多々ある。メディ・ウォッチ | データが拓く新時代医療 | 病院経営,コンサルティング,病院ダッシュボード,グローバルヘルスコンサルティング,ぽんすけ,CQI研究会,メディ・ウォッチ,医療の質,医療の質,DPC,データ分析,ベンチマーク,診療報酬,コストマネジメント

2018-12-13なんで NHK の原稿ライターは、あんなに「浮き彫り」という表現を多用するのか。毎日、何かの報道で一度は耳にするのだが、物事の真意や問題が明瞭に分かるというだけでは解決などしないし、報道機関は果たして自力で浮き彫りにしたと言えるのか。官僚や業界団体からネタを掴まされてるだけではないのか。

2018-12-1212月に入って欠礼の葉書を出したところ、友人から返礼をいただいた。ただ、以前に高校の同窓会で出欠の返事を請う葉書に僕が何か書いていたらしく、「返事の葉書を回覧した」と書かれている。覚えていないのだが、何かコメントでも書いたんだろうか。

2018-12-12Android 版の Feedly が UI を一新したようだ。使いやすくなっていると思う。

2018-12-12あと、昔はタイプの速さを若者のアドバンテージだと思い込んでた人が多かったわけだけど、その若者こそ既にご存知のとおり、IDE などの autocomplete やタグ補完の精度が向上してきていて、タイプの速さによる「生産性」の差なんて無くなってくる。それこそ、重要なところを知識や経験として積み重ねていないと、僕らロートルに勝つどころか、富士通が必死になってブルーカラーのコーダを置き換えようと開発してる自動プログラミング・ソフトにホモ・サピエンスが場所を空けることになるだろう。

2018-12-12もし健康で長生きすれば僕も80歳を越えてプログラミングくらいするだろうし、この方とは違って最初からプロの開発者なのだから、僕と同じような人はこれから幾らでも増える。そういう時代を前にして、こんな下駄を履かせてもらったていどのアプリケーションでお茶を濁しているあたりが、もう日本のシステム開発の将来が見えてくるようだ。僕ら本物のプログラマは、80歳になろうと楽天の小僧なんかには負けないよ。シニア代表!82歳の現役プログラマーに学ぶ(前編)~まずはやってみる~

2018-12-12検索してると deskgram.net っていう Instagram みたいなサイトが出てくるんだけど、ここはセキュリティソフトが過剰に不正アクセスを警告してくるので、見ない方がいいね。

2018-12-12「昔の本が充実している」というコメントの事例は産業図書から出てる暗号論の本を紹介した Notes で既に書いた。他にも、OR (operational research, アメリカ英語では operations research) なんて1960年代に丸善から出た5冊の『ORのための基礎数学』が今でも使えるし、CS でも1980年代に出た『岩波講座 情報科学』を読めばプログラマの素養としてかなり充実するだろう。もちろん不足している事項はあるにしても、その不足ばかり言い立てている昨今の小手先 IT 技術者の大半は、逆にこれらに書かれているような素養がなさすぎるのだ。

2018-12-12そういや日本マイクロソフトの社長さんはモルモン教徒らしいけど、どこかのネトウヨ弁護士とは違って、あまり威勢のいい発言はしないんだな。思うのだけど、MS-IME は中国で作ってるって言われてるし、そもそも日本のマイクロソフトってローカライズとゼネコン向けのルート営業以外に仕事なんてあるのか?

2018-12-12どの「はやし」さんだったかは忘れたが(数学者や論理学者や哲学者に何人かおられる)、随分前のブログ記事で、専門的な勉強が進んでくると本や論文を読まなくなってくるという話をされていた。僕は常に勉強不足の身ではあるため、そういうことはないのだが、かなり昔の本に今でも十分に通用する議論が出ていて、しかも昨今の哲学プロパーや IT 技術者の議論がそこから殆ど進んでいないという事例を数多く見かけるようになり、数学でも哲学でも新刊を買わなくなったし、最近はコンピュータ・サイエンスや情報セキュリティや信頼性工学ですら似たような傾向になってきた。いまでは、歴史とか生物学とか昔の知見をオーバーライドした方がいい分野の新刊を買うことが多い。

2018-12-12ここで投稿するときに使ってるフォームには、URL を入力すると、該当するページからメタ情報を取り出して整形する処理を入れているのだが、ページのタイトルに改行があると先頭行以外は放置していたので、アンカータグを閉じない事例が幾つかあった。これをさきほど訂正したのだが(全ての改行コードを削除した)、タイトルタグのペイロードに改行を入れるとか、このサイト(greenfunding.jp)をコーディングしてるのは小学生なのか? 恥を知れ。

2018-12-12平井さんが工作舎と組んでクラウド・ファンディングにて出版の資金を・・・ではなく、どのみち出版はされるようだが、ではどうして30万円が目標額なんだろうか。出版の資金を確保してから出すというアプローチなら面白い(そして支持できる)と思ったが、宣伝が目的なのか。これでは茶番だ。良書を次世代にも伝えたい。

2018-12-12話題になってるらしいから見たけど、要するに「ネ申Excel問題」じゃないか。別に主旨は変わらないと思うのだが、最近の若者はものごとを抽象化して「これとこれは同じ種類の話」と理解する能力がなくなってるのかな。もちろん、細かい点では独自の話題もあるだろうけど、特別に取り上げるほどの新奇なポイントではないな。全人類に告ぐ。セル結合をやめろ。 - hibitの技術系メモ

2018-12-12うーん。これ WordPress 5.0 の問題に対応して Classic editor を強制してるけど、今度は記事の文章に <p> タグが入らなくなる。functions.php で remove_filter('the_content', 'wpautop'); を強制しても無効。

2018-12-12本当にそうだな。昔は通販なんて、『月刊少年マガジン』の裏表紙に広告とか出してて水晶玉とか胡散臭いギターとか裏地に夜叉を縫い込んだ学ランとか(笑)、親に隠れて買うようなものを売る業態だったよね。いまではフェリシモや千趣会といった、チョコレートのカタログを心待ちにする(でも買わない)ような商売になった。通販が社会的認知を得るに至ったのは、健全な市場の形成に尽力してきた先人の努力があってこそのものだ。これにタダ乗りし、投資の手段として利用したケフィア事業振興会の事業は許されるものではない。ケフィア事業振興会が破たんした理由――通販専門紙がビジネスモデルの問題点を解説 | 通販新聞ダイジェスト

2018-12-12少しずつ翻訳と注釈を追加しているだけだが、ひとまず更新した。この Messages も、本来はこういう用途で作ったお知らせ欄なのだが(笑)On “Google’s Ideological Echo Chamber” - MarkupDancing

2018-12-12続きがどうなるのかという点では『家守奇譚』もそうだし『百鬼夜行抄』もそうだ。そういや、こうした作品は連れ合いに紹介してもらったというご縁がある。(でないと、自力で『エロイカより愛をこめて』とかに辿り着いて読むきっかけを作るのは無理だったろう<笑)。

2018-12-12延々と続く(そして繰り返される)物語の舞台なので、というかどういう時代や世界でも言えることだが、いちおうの「結末」を設定しないと幾らでも書けるが、いつでも終えられてしまうというあやふやなところがある。僕はグイン・サーガの読者ではないのだが、『十二国記』はアニメから原作に進んだので、アニメはともかく原作はグイン・サーガのようなことにはならないよう、続きを読みたい。でも、いかに文筆のプロとは言え芸術家という一面もあるわけで、原作者が「飽きる」という問題はどうしようもないだろうなぁ(笑)長年にわたりお待ちいただいた作品は、400字で約2500枚の大巨編になりました。物語の舞台は戴国です――。小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト

2018-12-12BCI (brain-computer interface) が議論の前提になっていて、そこでのサイド・チャネル攻撃を話題にしている。Side-channel attacks against the human brain: the PIN code case study (extended version)

2018-12-12リスクアセスメント自体の評価というのは、多くの企業では実務上の PDCA をやってるだけにすぎず、規格の適用度を上げることだけが目標になってしまっている。もちろん、レベルが低いうちはそうである「べき」かもしれないが、それだけだと ISO とかの規格変更などに振り回される。This paper proposes the Core Unified Risk Framework (CURF) as an all-inclusive approach to compare different methods, all-inclusive since we grew CURF organically by adding new issues and tasks from each reviewed method. If a task or issue was present in surveyed ISRA method, but not in CURF, it was appended to the model, thus obtaining a measure of completeness for the studied methods.A framework for estimating information security risk assessment method completeness

2018-12-12花札はこちらに替えてみたが、やはり CPU パワーを使うゲームは電池の減り方が早くなるのは仕方のないところかもしれない。これも、みるみるうちに電池が無くなっていくので、外出先ではとてもプレイできない。プレイするなら、AC アダプターが必須だろう。Hanafuda KOI KOI - Apps on Google Play

2018-12-12そういえば、Google Keep にメモを置いたはいいが、Simplenote に保存していたデータを移していないので、自分のサイトで取り上げようと思っているテーマの一覧などを見られなくなった(笑)。自宅で Google Keep に追加しよう。

2018-12-12このところ、コーヒーに焙じ茶を入れて飲むことが多い。もちろん Georgia から出ている商品が良かったからだが、市販品だと糖分があるので、会社ではブレンディのブラックコーヒーの粉末を入れたマグカップにウォーター・サーバのお湯を入れて解き、そこへ伊藤園の粉末焙じ茶を合わせている。よく考えたら贅沢な組み合わせだが、LIFE のようなスーパーだとブレンディのスティック30本入りが450円前後(アマゾンだと700円もする)、伊藤園の粉末焙じ茶が400円弱だ。合わせて900円くらいはかかるが、ペットボトルや缶のコーヒーを毎日買うよりも確実に安い(健康的かどうかはともかく)。

2018-12-12強い証拠となる兆候はないが、Simplenote は何となく情報が漏れているような気がするので、現在は Google Keep にメモを置いている。

2018-12-12ただ、ホーム画面を一枚にすると、ウィジェットやらアプリケーションのショートカットやらで画面が埋まってしまう。すると、何か大切なことを付箋として画面に表示する場所がなくなる。そこで、今日は昼休みにアプリケーションのショートカットを整理することにした。こういうわけで、僕は iPhone や iPad のようにショートカットが並ぶ画面を何枚もフリックするような UI は苦手だ。もちろん iPad や iPhone にも「フォルダ」はあるが、アイコンを並べるだけという人が多いのはなぜだろう。

2018-12-12出勤する途中で休憩所となっている津村別院にて、スマートフォンの待ち受け画面を眺めていたら、アプリケーションのショートカットを選びながら時刻を見られないことに気づいた。もちろんステータスバーに時刻は表示されるのだが、小さい文字だと視認性が悪いので、やはりメインの画面に大きく表示されているウィジェットがいい。しかし、画面を二つにしてフリックで切り替えていて、アプリケーションのショートカットの多くは時刻を表示するホーム画面とは別の画面に集めているので、いちいちフリックしないと表示を切り替えられない。これは、よく考えたら無駄だ。なので、全てを一つの画面に集めた。

2018-12-11プライベートで使ってる WordPress のサイトを 5.0 に更新したときに気づいたのだが、古いエディタを使い続ける方法はこちらをどうぞとか書かれているんだな。バージョンアップしたときの welcome page なんて速攻でスルーするから気づかなかった。

2018-12-11IT導入補助金の件だが、具体的には巨大広告代理店案件をやってる当社のような制作会社にコーポレートサイトのリニューアルを依頼する場合、たとえ電通さんとかを仲介せずに受けるとしても見積りの算定基準は別に安くなったりしない。規模にもよるが、問い合わせフォームなどを含めて10ページ程度のサイトでも、おおよそ300万円ていどはかかると思ってもらった方がいい。高いと思って発注できなくても別に構わないが、「もっと安くて『あたりまえだ』」などと素人風情が勝手に判断してもらっては困る。それとも1円なら発注するのか。1円と300万円の差が何なのかが分からないようでは、そもそも自分たちの事業においてすら企業経営の基本である財務や原価計算を何も分かっていないということだ。自分の会社のファイナンスすら分かっていない人間から発注などしてもらっても、こっちは迷惑だ。

2018-12-11先日、実家で押入れの荷物を見ていたら、1995年前後に家族で夕食後に恒例としていた花札の対戦記録ノートが出てきた。両親と僕とで寝る前にやっていたもので、30枚の大学ノートが5冊分ということは1年近くやっていたのだろう。途中で1995年になり、ちょうど阪神・淡路の震災直後に亡くなった祖母の様子も簡単に書かれている。そして、そのメモを書いた母親も今年の10月に亡くなった。久しぶりに思い出して、似たような遊びができるゲームを探してみたら、下記のアプリケーションが簡単にプレイ出来て良かった。ただし、電池の減り方が RPG や動画プレイヤーの比ではないので、早々にアンインストールした。リソース管理もまともにできないプログラマに設計させているなら、どのみちセキュリティもザルだからだ。Hanafuda free - Apps on Google Play

2018-12-11毎日更新してるわけでもないのに「もうすぐ絶滅する」と言われ続けてるウェブだが、技術においても利用実態においても通信手段やコンテンツが推移したり変化するのは当然のことであり、それが「なんとか 3.0」と言われようが「もうすぐ絶滅する」と言われようが、哲学的には知ったことではない些事だ。そもそも「もうすぐ絶滅する」ウェブとは何であり、それはそれほど憂慮されたり、わざわざ絶滅するかどうか予想されるに値するものなのか。

2018-12-11実は HPE Power Protector はどうでもよかった。実は Active Directory のサーバで NTP が設定されていなかった(なのに、クライアントは時刻合わせを AD サーバに問い合わせている・・・どういうことだよ)ので、グループポリシーで ntp の設定をしたのだった。そして、時刻を変更すると、なぜか HPE Power Protector の画面が立ち上がる。管理画面にアクセスできないというエラーが出ているのだが、時刻は変更できているので、別にこれがエラーになろうと時刻の変更には関係がなさそうだ。

2018-12-11社内の Active Directory サーバには何やら事務器屋さんが色々なソフトウェアを最初から入れている。HPE Power Protector という UPS の管理ソフトもあるのだが、マニュアルもなしにこんなのが動いてても管理しようがない。ショートカットから管理ソフトを立ち上げると、ブラウザでログインフォームが現れた。そして・・・適当に admin, admin と入力すると・・・入れてしまうんだよなぁ(笑)。

2018-12-11プライバシー保護というのは、情報を守ることが眼目なのではない。プライバシー情報を得た人から記憶を消すことはできないわけだし、reputation の影響、あるいは情報を得たことによる評価や行動という影響が(もちろん当人が意図しない場所・相手・状況で)出ないようにすることが大切だ。

2018-12-11どこの会社でも管理部門の人は頭が痛い話題ではあるけれど、営業部門というか金儲け部署が暴走する兆候というのは早めに潰さないとマネジメントや牽制関係が崩壊してしまう。例えば「サービス」と称して他の部署の都合を営業が無視したり軽視するようになる。残業して客の相手をするんだから入退室の記録なんてつけなくていいとか、客にサービスしてるから会議室を次に使う連中なんて待たせておけとか、そういった風潮が社内に出てくると「オラオラ営業マン」の世界になる。もちろんむやみにルールや規律だけ厳しくすればいいなんてものではないし、品行方正な会社が上場するわけでもない。しかし、営業に舐められてる管理部門というのは絶対にモラルが低下して、粉飾だろうとなんだろうと「あいつらがやってることを俺たちが数字を操作して尻拭いしてやってるだけ」という関係になってしまう。そういう会社は、もちろんそれでも事業継続する事例があるのはみんなご存知だろうし、そういう会社の出身者でも経営コンサルタントや経理のプロとして本を書いたりセミナーをやってたりする。そして、皮肉なことに上場企業だと大半がバカでも資金力だけで何年も運転できてしまうため、そういう会社の元部長というだけでバカでも財務や法務に関する「実務書」と呼ばれる経験談を書いたりできる。

2018-12-11世の中にはアセンブラ(アセンブリ言語)の紹介記事は山ほどあるんだけど、それでいったいあなたは何を書いたのって感じの人が多いんだよな。付け焼刃のビジネスマンとかコーダとかばっかりで。コンピュータ・サイエンスの学位を持ってる人は、とりあえずみんな大学で教わるわけだし、必要な人材もそういう人たちが大半なんだから、趣味的な入門記事ばかりたくさんあってもしょうがない。アメリカの技術者や学生と比べて日本の質が(仕事でも)差を空けられてるなと思うのは、こういうところでも分かる。保険営業の情報商材野郎なんか記事を書かなくてもいいって。お前ら守銭奴は納税で国家に貢献せよ。

2018-12-11ということで、来年にでもプライバシーや個人情報保護法制や PET に関するサイトを立ち上げることにした。ドメインとかサイト名は、これまで書いた理由により、何か固定的な特徴をもつ情報として実体化したものがあるかのように予断を与えたくないので、テーマを表すような単語は使わずに、サイトの運営方針とか僕自身の見通し(やや格好をつけた言い方をすると「パースペクティヴ」というやつだ)を表すような表現になると思う。その昔、パソコンのデスクトップ画面のカスタマイズについて "crossedge.net" というサイトを運営していたが、あのノリと同じだ。

2018-12-11というわけなので、僕としては PET (privacy enhanced technology) も扱いたい。かなり広い守備範囲だが、誰もやってないならやる価値はあろう。それこそ、生半可な「プライバシーマークのコンサルタント」や「ITコンサルタント」のような山師どもが勝手にメディアを名乗って適当なコピペ時期をばら撒くよりは、数億倍マシなコンテンツを提供する自信はあるし、そのていどの見識や知識や経験や技術はあるつもりだ(でなきゃ企業の Chief Privacy Officer として公的にふるまう資格などなかろう)。

2018-12-11いま「ニッセンバウム」で検索してみたら、言語学者のジョナサン・ニッセンバウムかジャーナリストのディーオン・ニッセンバウムの記事が圧倒的に多く、ヘレン・ニッセンバウムの記事は非常に少ない。彼女は2年前に少しだけ話題となった「差分プライバシー differential privacy」の考案者であるシンシア・ドゥオークともセッションで講演している研究者であり、日本でダニエル・ソロブの本を翻訳できるようになったのであれば、彼女らの著作も書店に並べてよい筈だと思う。

2018-12-11そして、もちろんこれらの議論はニッセンバウムの "privacy in context" といったアイデアをもとにしているが、こういう議論そのものが日本では殆ど論じられていないのである。こういう議論(何も「海外のナウい議論」というわけではなく)が日本で殆ど議論されない最も大きな理由は、多くの人たちがプライバシーというのは法律に関わるものだと思っていて、法律を扱う日本の法曹は実定法のことしか興味がなく、いま有効な個人情報保護法を越えた理屈や概念など語っても金や業績にならないし司法試験にも受からないし、Cake で大金を稼ぐような記事になるわけでもないからである。目先・小手先の部分最適化しか能がない東アジアの田舎国家ではお馴染みの話だが、しかしプライバシーはそういう人々犯罪者にもある。たかが実定法をよく知っているていどの人々は、まさしく実定法を運用するプロではあるかもしれないが、それを越えた学術の理論、更に社会思想については、彼らは専門家でもなければ傾聴に値する見識を兼ね備えているかどうかは大いに疑問がある。ならば、理論を議論するだけの見識があるかどうかはともかく、紹介できる人間がやらずに誰がやるのか。

2018-12-11ただ、僕はどうも "privacy advocates" というスタイルのアクティビティは志向していない。僕らが適正に管理して相手にも管理してもらいたいと思っているのは、何もあからさまな「プライバシー」だけではなく、パーソナルデータも含まれるからだ。この両者は、いつ単なる公開情報がプライバシーになるとも限らず、また逆にプライバシーが公開情報として特にリスクがないということになるとも限らないので、最初から「プライバシー」と言い得る特別な性質をもつ情報があるという実体化をするのは不適切だと思う。それに、もっと広く言えば企業や団体の機密情報や公開情報が個人のプライバシーにかかわる可能性もある。これは、既に理論的には何年も前から議論されている "group privacy" という概念だ。こういうものも取り上げたいし、要は「アイデンティティ」という概念にも通じる話だろう。

2018-12-11昨日書いた、プライバシーやパーソナルデータ関連の話題を海外も含めて手短に取り上げるような人が日本に殆どいない(もちろん、「セキュリティホール memo」を始めとして情報セキュリティ関連で長らく話題を集めて伝えてくれている方はいるのだが、プライバシーやパーソナルデータに特化しているわけではない)と書いたが、昨日 Notes では別の話題について「できる立場にある人間がやるべき」だとも書いた。言行不一致の可能性はあるので、やはり僕がやることにする。もちろん他に適任者は幾らでもいるし、僕よりも個人情報保護法制や PET に詳しい有能な人物はたくさんいるが、できる状況にあるとは限らない。そして、恐らく僕は業務の一環として時間を使う権限も能力もある(企業の CPO どころか実質的に CTO/CIO も兼ねているため、自社の情報セキュリティマネジメントや技術力の向上、そして対外的にアピールできるブランディングに貢献するなら、僕は社内で何をやっていてもいい)。ということで、準備を始めたところだ。

2018-12-11新しい WordPress 5.0 でページを編集しようとすると「更新に失敗しました」というエラーが出る。どうやら 5.0 から入ったエディターの挙動がおかしいらしく、Classic editor という元のエディターに戻すプラグインを入れると治った。会社で運営している幾つかの WordPress サイトでは、それに加えて TinyMCE も入れているので、余計に問題がややこしくなるようだ。これらのエディタのプラグインも無効にした。https://wordpress.org/support/topic/publishing-fail-after-update-to-wordpress-5-0/

2018-12-10Bing で sitemap.xml を登録してる割に「ヒューム 関係」というキーワードで検索しても、PHILSCI.INFO のページが出てこない。というか、2ページ目に入ると既に「ヒューム管」のページが出てくるんだよね(笑)。これはこれで残念なことだ。大半が素人の付け焼刃か、あるいは読書感想文のような要約ページしか出てこない。

2018-12-10一ノ瀬さんの話も何回かにわたって聴講できるようになっている。もう二年も前の動画なのか。知らなかった。でもまぁ、プロパー(元プロパーも含めて)が聞くような話でもないだろうし、このサービスは他にも「有名人」がたくさんいるけど、恐らくは些末な薀蓄の寄せ集めだと思う。一ノ瀬正樹 の講義動画一覧 | 10MTVオピニオン

2018-12-10うちもそろそろ灯油ストーブを買う時期になってきたのだが、これは怖いなぁ。ポリタンクへ入れる場所は車へ給油する場所から離れてるから、その場で入れてもらうなら間違いはないだろうけど、地下のタンクに入れる時点で混じったら終わりだよな。9日午後5時25分ごろ、津市幸町のガソリンスタンド「岡金 ニュー津支店」から「販売した灯油にガソリンが混じっている」と津市消防本部に連絡があった。灯油にガソリン混入、消防が注意呼び掛け 津のGS販売:朝日新聞デジタル

2018-12-10ああ、そういえば日経は『日経SYSTEMS』は少し読んでいたし、ムック本の『ソフトウェア・テスト PRESS』は全て買って目を通したと思う。そういえば、『ITアーキテクト』というのも何冊か読んだ気はするが、中身は buzz words を除いて殆どなかったな。

2018-12-10『インターネットマガジン』の話題を出したのだが、実は僕はインターネット関連の雑誌は殆ど読んだことがない。ウェブ・アプリケーション開発の雑誌や『日経ソフトウェア』といった雑誌にも縁がなく、たいてい Apress や Wrox や Unleashed といった分厚い本のお世話になったのだが、そのくらい分厚いものを読んだおかげで国内の素人向けの雑誌なんか読まずにプロの開発者として15年くらいやってきているというわけだ。不遜かもしれないが、これがそれなりの程度の実力というものだ。

2018-12-10アーカイブを公開していた「IMPRESS INNOVATION LAB」も昨年の11月に休止して、次の「iNTERNET magazine Reboot」というコーナー(雑誌)へ移行したようだ。そもそも、もっと昔の『インターネットマガジン』のバックナンバーを読もうと思っていたのだが、いまだに読めるのはありがたい。IMPRESS INNOVATION LAB

2018-12-10LINE WORKS が Slack や ChatWork と共に紹介されていた記事を読んだので、LINE WORKS の Windows 版をインストールしてみた。が、LINE のアカウントだけでは使えないようだ。再び携帯番号を専用に登録しないといけないらしいが、なんで社用のチャットにプライベートな携帯の番号を登録しないといけないのか。相変わらず設計思想が「プライバシーとバーターで使わせてやるよ」的というか、田舎者を相手にした会社だな。

2018-12-10具体的な情報を何も持ってないのに推論をあれこれと書かせてもなぁ。それに、「フェイルセーフが原因だ」なんてのは馬鹿げてる。通信に限らず色々な「システム」にフェイルセーフの仕組みが組み込まれているのは当然だ。僕らが知りたいのは、フェイルセーフが稼動するきっかけになった原因だろう。O2とソフトバンクで起きた通信障害の原因はこれだ | TechCrunch Japan

2018-12-10いまのところ PHP 7.3 に換えて、ローカル・マシン(Windows 10 Professional on 64 bit Intel PC)の環境で問題は起きていないようだ。

2018-12-10自宅では NotePad++ を使い始めているのだが、100 kB 以下のテキストファイルでもコードの小さいマップを表示すると動作が極端に重くなってくることが分かった。よって、自宅ではマップは使わないこととした。

2018-12-10ウィキペディアで「種差」を調べると「定義」というエントリーの一部に解説してあるのだが、そのエントリーの本文に出てくる「種差」というアンカーをクリックすると「種差海岸」という地名にリンクしている。つまり「種差」という項目の多義性を無視して地名に転送設定した人がいるらしい。手順では「転送の削除依頼」というのを出せばいいようだが、書式が面倒臭いので無視している。マイナーな CMS にも言えることだが、独自の書式にはたいてい直観的な分かり易さがなく「言語」としての拡張性にも乏しいので覚える気にならない。

2018-12-10至当な意見だと思う。かと思えば、同じ Medium でも「コーダなんてもういらない。クールな人しか望まない」という会社もある。それはそれぞれだ。テクノロジー企業だからといって採用の基準が同じである必然性はない。Granted, I’ve over exaggerated their traits. I can see why companies look for these kinds of profiles (creativity, agility, leadership…) and I’m pretty sure every recruiter (including myself) has already tried bouncing these words around at least once, but trust me, we can do better.Why we don’t hire “rockstars”, “gurus”, “Jedi Knights” or “ninjas” at dailymotion

2018-12-09書店や図書館で金融、銀行、ファイナンスの棚を見る機会があった。どういう規模の場所でも、とにかく圧倒的に実務のノウハウか、あるいは「儲かる」といった本ばかりで、大学生が学ぶ理論書など僅かしかない。それだけ実務が細かくて色々な要素を含んでいるためだとは思うが、これでは小手先の守銭奴か、昔ながらの「会計屋のような」などと形容される小人物しか育たないのは無理もない。

2018-12-09それから、もちろん図書館では哲学の棚も一通りは見て回る。アリストテレスの新しい全集で、そろそろ「カテゴリー論」のような短い著作は読んでおきたいし、『形而上学』の新訳は買いたいとは思う。あと、ショーペンハウアーの著作が乏しいのはやはり気になるし、対照的にフィヒテ全集がずらりと並んでいるのは強い違和感を覚える。これを並べるなら、書庫からハイデガーの著作集を出しておいてくれと思うのだが。

2018-12-09『交通心理学』という本には歩行者の安全という興味深いテーマが書かれていたのだが、今回はひとまず図書館へ返却した。歩道での道の譲り方(あるいは譲らないマッチョ行動の心理)とかを、岸君はともかく、誰か社会学者が研究してないのかな。

2018-12-09そういや、前に書いた「科学哲学の教員が地方に少ない」という話もあり、森田さんには九州大で足場を期待したいところだが、まぁたいていは東大とかに移籍はしたいだろうなぁ。いかに九州の元帝大とは言っても、いまだにどこの県が所在地なのかすら知らんし。

2018-12-09その関大時代のレポートだが、1995年の1月に予定日よりも少し遅れて提出したようだ。日付でお分かりの方もいると思うが、レポートの末尾に、地震(1995年1月17日に発生した、現在で言うところの「阪神淡路大震災」)のため大学へ行けなかったと書かれている。後から神戸大時代の指導教官だった森先生に回想を聞いた際は、阪急六甲まで行くのに岡本あたりから歩いたらしい。なお、僕の方では震災の数日後に祖母が大阪警察病院で肺がんのため亡くなり、地震の影響とは他の事情でも多忙にしていた。

2018-12-09関大修士だった頃にレポートとして提出した「なぜ原因は結果に先立つのか?」という文章を実家で見つけた。そういや森田邦久さんも、このテーマについて論説を書いていたはずだ。彼のプロフィールを見つけたので見ていたのだが、興味深いテーマを幾つか取り上げている。http://www.geocities.jp/enten_eller1120/ronbun.html

2018-12-08図書館で或るものについて調べてみたのだが、関連する分野の「ハンドブック」とか辞典の類に掲載されていない。一冊だけ、大阪本店のジュンク堂に置いてあった辞典に書かれていたので、来週にでもジュンク堂で読み直してこよう。

2018-12-08実家で押入れから『日本の考古学 IV, V』(河出書房新社)を「発掘」してきた。小学生の頃に I ~ V まで取り揃えた本だったが、もちろん小学生としては適当に拾い読みするだけで十分に読み込んではいなかった。40年くらい前の本だから、現在は修正を必要とする記述があるのだろうけれど、ひとまず出発点としては悪くないだろう。

2018-12-07ただいま関大の社会安全学部で科学哲学も含む分野の教員を募集しているという。リスクとかセキュリティということなら関心はあるけど博士号はないので、いくら関大の修士出身で科学哲学が専攻で・・・他にも幾つか書けるが、まぁ無理だろうな。関西大学社会安全学部

2018-12-07うーん。やはりどうも Apple Cinema Display の側面ボタンが反応しないな。USB ケーブルを抜き差ししたが、関係あるのかないのかも分からない。マシンの買い替えだけではなく、そろそろディスプレイも替えた方が良さそうだ。ちょうど、先の稟議は取り下げて来年の仕切り直しとしたので、次回の再稟議ではディスプレイも買ってもらおう。

2018-12-07僕は大して英語の良い運用者ではないが、"you" を "u" と書く奴がロクでもないことだけは分かる(笑)

2018-12-07今年の年末年始休暇は、12/29~1/6 を設定する会社が多いのだろうか。

2018-12-07宇宙へ出たいという気分は分からなくもない。つまり、「いまの世界から逃げたい」という気分の人だって多いと思うからだ。そういうことが手軽にできる(宇宙へ出て別の場所に移動するだけではなく、移動先を選択できる)ようになると、何が起きるだろうか。結局、宇宙というよりも「新しくて色々な意味で自由な選択肢が増えた場合に、人がどうふるまう(べき)か」というアプローチで倫理学の話をしてる方が面白いし、それって別に宇宙に行かなくてもありうるよねということなのだ。たとえば、難民認定された人たちにとっては、移った先の土地が快適かどうかは分からないにしても、選択肢が圧倒的に増えるような状況であれば似たような議論ができるかもしれない。

2018-12-07ちなみに、この Messages は文字と行間が読み辛かったので調整した。

2018-12-07昔から、この Business Insider ってメディアは会社の実態も分からないし胡散臭いんだよね。この記事にしても典型的なコタツ記事で、「他のキャリアでも起こりうる」などと脅迫系の釣りタイトルを使っているが、その根拠は何もない。こういう、何の資格や学位や前職のバックグランドがあるのか全く不明な「ITジャーナリスト」なる連中の記事は、それこそ逆に読まないための目印にした方がいいと思う。【緊急レポート】ソフトバンク大規模障害は他キャリアでも起こりうる ── その原因にユーザーが学ぶべきこと

2018-12-07いっとき CSIRT の本が出たようだけれど、市井にアピールするのは難しいと思う。実質、ITゼネコンの茶飲みクラブか、よくても「情報共有」ならぬ「情報寡占」の業界団体というだけにすぎず、業容がデカければデカいほど、自分たちは「公共」の利益と呼べるほど普及したサービスを守っているのだから寡占でもいいのだという理屈で済んでしまう。それなら勝手におやんなさいということだし、インシデントを起こしたらクラスアクションで莫大な懲罰的賠償・・・なんてわけないよ。官僚と同じで、何の失敗をしても絶対に逃げ切れる場所でしか仕事をしていないぬるま湯の技術者にセキュリティなんてまともに担えるわけがない。http://www.nca.gr.jp/outline/index.html

2018-12-07Quantum では、Scrapbook の代わりに Web ScrapBook というのを使ってるんだけど、これはキャプチャーに失敗することが多くて、成功したことが分かってるサイトで再び使うというのでもない限り、あまり常用はしていない。danny0838/webscrapbook

2018-12-07ちなみに、当社は一部の役員が酷い外国製品嫌いなので、ファーウェイどころかシャープもレノボも調達禁止ですよ。でもね、いまどき中国や台湾や韓国や東南アジアやロシアやアメリカの製品や組み立て工場に依存しない IT 機器なんてあるんだろうか。

2018-12-07Android って Google のアカウント設定で何かを変えると待ったくプッシュ通知がどのアプリケーションでも取得できなくなるんだよね。つまり「Google 設定」というアプリケーションが全ての他のアプリケーションの通信をフックしてるのが明白だ。さて、そういうわけで Wi-Fi で通信していないと何の通知もこないから、これをどこで設定してるのか探しているところだ。

2018-12-07情報セキュリティマネジメントの実務側トップとして(マネジメントのトップは、もちろん会社の代表だ)、当然のことだが与信では決裁する権限をもっていて、僕が決裁しないと与信の申請は先に進まない。その条件としては、例えば NDA を締結するとか、個人情報の取り扱いを委託するなら同意書を交わすとか、そして当社の場合はあらかじめ情報管理体制についてアンケートをとっているため、これらを用意していない相手は、電通の子会社だろうと大手外資系の顧客だろうと与信すら通らない相手という扱いになる。もちろん、与信が通らない相手に発注して相手から料金を請求されても経理は処理しない。それが「ガバナンス」というものだ。この程度のルールすら下が無視している会社なら、500万年かかっても上場などできない。しかるに、このような手順をおろそかにすると何が起きるかを「推論」してほしいと思う。思うに、多くのサラリーマンに足りないのは、クリシンみたいな小手先のトーク技術ではなく、単にものごとの意味合いを正確に理解して、その影響を他の部署やステークホルダという横方向と、過去や将来についてどういう評価や結果に影響があるかという縦方向での推論をする習慣だけだと思っている。

2018-12-07Abramowitz and Stegun(もちろんドーヴァーの安いやつだけど)がどこへ行ったのか分からない。共立さんの小さいハンドブック(『共立数学公式』)はあるが、やはり掲載されている式や表には限度がある。家に帰ったら探そう。

2018-12-06これまで何回ほど揶揄したか分からないのだが、情報セキュリティにかかわる方針や制度や技術について殆ど何も公に発信しない、情報セキュリティ大学院大学の研究者や院生というのは、防衛省や総理府くらいしか就職先がなくて、迂闊に発言することを大学から禁止でもされてるんだろうか。

2018-12-06いまだに MS Office や ESET のライセンスは従業員によって更新の時期がバラバラなんだけど、必ずしも入社のタイミングでバラけてるわけでもない。ESET はインストールしてマシンを貸与するので、入社のタイミングだと思われがちだが、ライセンスが切れる何カ月も前に更新したいと言ってくる人がいるので、何回か更新してるとズレてくるのだ。ただまぁ、一斉に買う必要もないし、中小企業にとっては50アカウント分の料金を一斉に支払うとか財務キャッシュフローに大きなインパクトは与えたくないので、こまめに一人ずつ更新するのが良さそうだ。なので、一斉にライセンスを更新する Adobe CC とモリサワはインパクトが大きいため、本当に必要なのかどうかの精査は部門長にしてもらいたい。

2018-12-06While Adobe products are using Node.js and I give up my resistance, but they are often forcibly implementing software that seems to bash out customers' internal information can be discharged to an external network environment. Those who developed such a scar that could be said to be natural-born vulnerability, and those who thought of original ideas Comet and Reverse Ajax, should be hacked by Anonymous, and I think that it would be nice if a photograph of an officer's handgun pushed into their holes will be released to the world.

2018-12-06Notes をローカル・マシンで動かすようにはなったのだが、一つだけ失敗したことがある(というか、前から分かっていたことを考え併せたらリスクがあるのは分かったはずだった)。それは、ローカル環境ではブラウザのキャッシュが異様に強いということだ。原因はよくわからないのだが、今年に入ってローカルのページを開くブラウザのキャッシュが非常に強くなっていて、5分くらい経過しないとページの内容が切り替わってくれない。スーパーリロードなんて何の役にも立たなくなっている。もしかすると、Adobe 製品や Atom のようなソフトウェアが使っている Node.js みたいなクソサーバがあらゆるローカルの通信にフックしてるからではないかと疑っているのだが、ともかく気を付けないといけない。

2018-12-06会社と自宅で Google Drive でファイルを共有してるんだけど、たまに勝手にファイル名が連番付きになってアクセス不能になってしまう。昨日もお知らせしたように、Notes の管理画面はローカルで動くように作り直したのだけど、自宅と会社で使うとファイルの中身を全く変えてないのに confirm(1).html なんてファイル名になって、投稿が失敗してしまう。

2018-12-06院生を含む若手の奨励ということだな。The prize — supported by Duke in collaboration with the Studies in History and Philosophy of Science — will be awarded next Spring to a U.S. or international graduate student or recent Ph.D. to recognize their previously unpublished work in philosophy of physics.New Prize: Du Châtelet Prize in Philosophy of Physics

2018-12-06出勤途中で区役所に立ち寄り、初めて自分の登録した印鑑証明書というのを発行してもらった。

2018-12-06YouTube に動画をアップするため、久しぶりに Adobe Premier を使った。仕事で使っていたのは10年以上も前だが、UI はさほど変わっていないのが助かる。まぁトランジションや画質調整の種類やクォリティは変わっていても、動画編集でやることなんか大して昔と変わっていないということだろう。あるいは自動化された処理が多くて変える必要がないのかもしれないが。

2018-12-05fair-use.org にアクセスできなくなっている。タイトルタグの中身は読み込んでいるみたいなので(タブに表示される)、サーバが重いのか、それとも攻撃されているのか、あるいはハンドシェイクの問題があるのか。http://fair-use.org/

2018-12-055分で 800 MB くらいの動画からファイルサイズを落としたので、画質は非常に悪い。https://youtu.be/VVmWmNKk69I

2018-12-05『新進研究者 Research Notes』の在籍大学を眺めていると、やはり偏りが目に付く。たとえば、四国に分析哲学や科学哲学の教員はいないのかと思ってしまうのだが、実際に四国の国立大学を見てみると、確かにいないようだ。それどころか、徳島大学と香川大学は人文系の学部そのものが消失しており(いや、それらしきものを教える学科くらいはあると言い張るかもしれないが)、哲学や国語学や歴史学は、香川県や徳島県の国立大学では全く学べないと思っておいた方がいいだろう。それで、うどん食うか IME を開発するしか能がなければ世話ないな。

2018-12-05これ、前から知ってたけど初めて見た。版下のフォーマットがバラバラで、投稿されたまま PDF を合成したような体裁だな。まぁシュプリンガーの Graduate Texts in Mathematics とか、タイプどころか手描きの原稿を印刷したような本もあるくらいだから、別にどうでもいいと言えばいいが。内容については、幾つか興味深い論考はある。http://pssj.info/jsrnps/contents/contents_data/No_1.html

2018-12-05reddit.com では30個ていどの sub reddit を購読しているが、この Kali Linux の sub reddit は初心者の投稿が大半を占めていて、ペネトレーション・テストを始めとするセキュリティ監査やフォレンジックスの話題が殆どない。ちなみに Kali_Linux_Essentials という sub reddit もあるが、こちらは解説動画を並べただけのものである。面白い話題もあるにはあるが体系立っておらず、Linux 全般や Kali Linux について学ぶには場当たり的すぎるため、やはり何冊か出ている解説書を開くのが最もいい。r/Kalilinux

2018-12-05オンラインで契約書を交わせる「クラウドサイン」というサービスの有料版(スタンダード・プラン)の申し込みフォームを使ったのだが、送られてきた応答のメールが「入力いただきましたメールアドレス宛に弊社担当より資料を送付いたします。」といった、資料請求の文面になっている。稟議書を社内で回すのに見積書がほしいのであって、資料は必要ないよ。弁護士ドットコム、大丈夫なのかな。クラウドサイン|Web完結・印紙税0円の電子契約サービス

2018-12-05FiveThirtyEight の RSS は更新なり記事の追加が激しいので、feedly では public affairs のカテゴリーに移した。他のブログとかと同じ扱いにすると、ここの記事に他のサイトの記事が埋もれてしまう。

2018-12-05バディウの著作は、まだ読んでいない。幾つか翻訳されているようだが、さてどうしたものか。http://www.suiseisha.net/blog/?p=9985

2018-12-05Notes の投稿システムをローカル環境に移したはいいが、画像のアップロードや入れ替え用のコードを直していなかったので、修正。管理画面にディレクトリを移動したら、ローカルでもリモートでも同じパスでリソースへアクセスできるように書いていたので、修正は非常に楽だ。

2018-12-05差分プライバシーについても、そもそも基本的なリソースを紹介しているサイトや日本語版ウィキペディアのエントリーすらない状況なので、これも秘密分散などと同じく、これから調べようという方の参考になるようなページを作りたいと思う。もちろん、基本的な理解はプロパーの著作(中川裕志『プライバシー保護入門』と佐久間淳『データ解析におけるプライバシー保護』)を買って読んでもらうのがいいけれど、これらはひととおりの数学の知識がないと分かりにくいのも確かだ。かといって、通俗的なメディアで書かれている記事は個人情報保護の実務経験どころかシステム開発の知識もない人々が「ITジャーナリスト」などという肩書だけで勝手に書いているが、中身は「アップルすげー」と言ってるだけだ(笑)。

2018-12-05Apple が iOS 10 の一部の機能について実装すると話題になった2年くらい前までの動向を元に書かれた、differential privacy に関するサーベイだ。Jain, P., Gyanchandani, M. & Khare, N. J Big Data (2018) 5: 15. https://doi.org/10.1186/s40537-018-0124-9.Differential privacy: its technological prescriptive using big data

2018-12-05かなり概括的というか、雑なサーベイだと思うが、PET について簡単な動向だけでも知りたいという場合には一読しても良いのだろう。Ram Mohan Rao, P., Murali Krishna, S. & Siva Kumar, A.P. J Big Data (2018) 5: 33. https://doi.org/10.1186/s40537-018-0141-8.Privacy preservation techniques in big data analytics: a survey

2018-12-05いまのようなことを言うと「技術者の矜持を信頼していない冷酷な人間」みたいなことを言い出す人が必ず出てくるわけだけど、いっかい日本の製造業の不祥事の歴史を調べて見ろと言いたい。中国や韓国に引けをとらないくらい、日本の製造業なんてイカサマの山であって、「ものづくり」とか「矜持」とか「プロフェッショナルの流儀w」なんてものは、普遍的だから取り上げられたりスローガンとして口にされるのではなく、逆にそんな矜持をもつ職人なんて日本には殆どおらず、珍しいからこそ目立つだけなのだ。

2018-12-0540代なかばで亡くなったマーク・ワイザー(1998年に「ユビキタス・コンピューティング」を提唱)の議論を受けて、主にソフトウェアやプライバシーの保護やセキュリティに焦点を合わせている論説。思うに、"long-term security" という論点は、もっと製造業と情報セキュリティの技術者が一緒に検討してもらいたい。ハードウェアの制御にかかわるセキュリティ特性は通信でアップデートできるわけではないし、それを買い替えの動機付けになるとして杜撰に作り込むインセンティブを与えてはいけない。Oliveira, L., Pereira, F., Misoczki, R. et al. J Internet Serv Appl (2018) 9: 24. https://doi.org/10.1186/s13174-018-0095-2.The computer for the 21st century: present security & privacy challenges

2018-12-05Philosophical Studies のアーカイブを見たら、Volume 175 January 2018 - December 2018 で、総ページ数が3237ページとか、これマジか。雑誌一つでこんな分量の掲載って、研究者の数がやたら多いか、レフェリーがザルかのどっちかとしか思えないな。いや、その両方もありえるが。

2018-12-05で、こういう発言でもわかると思うけれど、僕は情報セキュリティマネジメントやパーソナルデータ保護の有能な実務家だと自負しているが、なんでもかんでも決まったとおりのルールやフォーマットで開発したりデザインするのがいいなんて、これまた有能なデザイナーやプログラマとして露ほども認めない。こういうことを comprehensive に理解できない人は、少なくとも僕と仕事をする資格はない。

2018-12-05Google の Flatter が話題になってるけど、昔から僕は SDK というやつがどうも苦手だ。利用者の情報の保護とか HCI やユーザビリティやアクセシビリティとして筋が通っていてビジネスとしても必要ならともかく、なんで他人が勝手に用意しただけのフォーマットどおりにプログラムや UI を開発しなくてはいけないのか。大きなお世話だという気がする。

2018-12-05さきほど、MD と PHILSCI.INFO で公開している「Notes」の管理画面を両方ともローカルマシンだけで動くように変更しました。どのみち自宅と会社でしか使っておらず、いままでウェブサーバでは IP アドレス制限と投稿・編集時の認証コードを入力するといったていどの機密性・完全性の対策しかとっていなかったので、このほどウェブサーバから管理機能を全て取り除きました。まだ、この Messages だけはウェブサーバ上の MD のディレクトリで動いているため、これも今週中にはローカルサーバだけで動くように変更します。

2018-12-04先に書いたとおり、『やちまた』の人名索引を作っているのだけれど、ページを開いていると知らないあいだに読み込んでしまって作業が進まない(笑)。まったくもって怖い本だ。

2018-12-04天牛堺書店って、もう均一販売の予定表は更新しなくなったのかな。まぁ一ヶ月に1度は行ってるから、レジの横に置いてあるお手製のカレンダーをもらってくればいいんだけど、サイトはそもそも重いし、メンテナンスしてない感じがする。https://www.tengyusakai-shoten.co.jp/store/senba/

2018-12-04それより、SEP って本にして売ったりしないんだろうか。メンバーになって必要な項目だけ PDF にしてもいいけれど(実際にはメンバーにならなくても PDF で出力はできるが)、やはり印刷物だとハイパーリンクとは違う意味でのアクセスがしやすい。

2018-12-04こんなシリーズがあるのか。2,000 円ちょっとだし安いな・・・でも、よく見たらアンソロジーとかではなく、75ページのブックレットみたいなものか。ヘルマンとシャピロの二人が書いてるので、内容は確かだとは思うのだが、うーん。https://www.amazon.co.jp/Mathematical-Structuralism-Elements-Philosophy-Mathematics/dp/110845643X/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&qid=1543915208&sr=8-21&keywords=Mathematical+Structuralism&linkCode=ll1&tag=philsciinfo-22&linkId=401e31434bf00250027035df2f71b994&language=ja_JPMathematical Structuralism (Elements in the Philosophy of Mathematics)

2018-12-04Microsoft Office スイートに入ってるアプリケーションのアイコンが変わるそうな。でも、記事で紹介されているアイコンのデザインが良いとは思えない。グラデーションそのものが無意味だと思うし、各アプリケーションを表す「X」や「P」の文字が小さくなってしまっては本末転倒だ。そろそろ、色で判断させるというのはデザイナーが陥りがちな偏見だと分からせた方がいいのではないか。Redesigning the Office App Icons to Embrace a New World of Work

2018-12-04社内は暑い。エアコンは切ってる筈だが、やはりサーバのラックが近くにあると排熱で黙っていても温度が上がるな。

2018-12-04DELLから、また担当営業さんのご挨拶をいただく。ついでにセール中の商品を紹介してもらったのだが、27インチの 3K モニターが安い。

2018-12-04Threat Modeling: Designing For Security の著者である Adam Shostack のサイトで、彼がマイクロソフトに在籍していた頃に作ったカードゲームが紹介されている。マイクロソフトでも Creative Commons ライセンスで公開されていて、GitHub にもリポジトリがある。実際に配布されているアーカイブ・ファイルを展開してみたところ、カードとして印刷するための版下ファイルが Illustrator 形式と InDesign 形式で入っている。ルールはさほど難しくない(大富豪ができる人はできるだろう)し、面白かったら日本語版を作ってあげたいのだが・・・うーん。https://threatmodelingbook.com/resources.html

2018-12-04何度か報道で見かけたのだが、僕はポケベルを持ったことがない。というか、そもそも友人や知人で使ってる人を見たことすらないのだが、こんなもの本当に流行ってたのか?東京テレメッセージ、ポケベル終了へ

2018-12-04僕のネットワークだからかもしれないが、Medium の記事って、最近は Git の話ばっかだな。

2018-12-04「経営書に取り上げられた企業は、その数年後に必ず倒産するか不祥事を起こす」。ジェイムズ・コリンズには、この程度の追跡調査をやってもらいたいものだな。そして、『Great to Godawful』とでも題した本を書いてもらいたい。

2018-12-041977年から翌年にかけて『オペレーションズ・リサーチ』という学会誌に、鳩山由紀夫という人物が「信頼性の数学」という連載記事を3本ほど掲載している。もちろん、後の第93代内閣総理大臣である。http://www.orsj.or.jp/~archive/menu/03_50.html

2018-12-04日本ではようやくブームが下火になったサンデルが出版社に重宝されていた一つの理由として、こういう人が絡んでて「社会」とか「地方」を物象化しまくったり、スピリチュアリティに関わる話題を表面的には無害なものであるかのようにとして取り上げるのに都合がいいんだろう。右寄りの出版社なら、ソフトに天皇制や保守思想へ着地させる「或る種の公共哲学」は大歓迎というわけだ。広井良典さんのような人物も関わってるようだけど、実は注意した方がいいのかな。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E6%AD%A3%E5%BC%A5

2018-12-04なんのことはない。メールアドレスを元に戻しただけだ。そして、スマートフォンのメールソフトに markupdancing.net のメールアカウントを設定して受信できるようにしたのである。大半がスパムなので、スマートフォンでは使っていなかったのだが、WordPress サイトにコメントが投稿されると通知されるようにしたので、今後はこれで通知を受ける。

2018-12-04プライベートで使ってる WordPress のメールアドレスをスマートフォンに代えたはいいが、届かなければ意味がない。よって、スマートフォンのアドレスではなく、スマートフォンでも通知が届くメールアドレスに変更した。

2018-12-03ということで、メールアドレスは MySQL のデータを直に変更した。

2018-12-03WordPress で登録してるメールアドレスを変更したいのだが、承認メールとやらが届かない。Facebook とかでもそうだけど、海外製のアプリケーションはメールの送信が非常に低レベルで届かないことが多いので困る。

2018-12-03そろそろ TLS 1.1 の通信を無効にしてくるサイトが増えてきた。当社のサーバでも、"SSLProtocol -ALL +TLSv1.2" のような設定に変更するタイミングだろう。

2018-12-03宗教的な考え方の影響については異論があるとしても、アラブ世界に生きた人々の大きな業績というものは強調して余りある。古代の哲学書を伝えた業績もあるし、数学から美術にいたる数多くの業績が東西に行き渡って影響を及ぼしている。しかし無視してもいい(よかった)ものもあろう。何を無視するかはリサーチ・プログラムとしての選択だが、それぞれの理由でコミットするような力がなければ、逆に歴史や古典解釈に囚われた思想しか出来上がらない。そこからの拡張で何かが言えたらいいが、たいていの研究者にそういう力はない。

2018-12-03実家の近くにあるダイソーで大きめのマグカップを買った。会社にはボトルが一つ置いてあるのだが、径が小さくて洗い辛いので、マグカップも一つ置くことにしたのである。

2018-12-03People tend to encourage for studying philosophy and they will support a campaign for an activity of "philosophy for everyone" or something else like this. But I have never heard of the reasonable argument for what is philosophy and what is it for, as a basis to do such things in the public occasion, events, lectures, classes, radio shows, and web pages. You will know well as a professional philosopher that any systematic and voluntary activity has a purpose, and they should have a purpose to spread philosophical activity for people from a reason or aim (not necessarily it would be only one.) Such a reason, if any, should be available for us not as a popular (and junk) book but as a document in an open access.

2018-12-03Symmetry Magazine というサイトがあったのを、すっかり忘れていた。symmetry magazine

2018-12-03So, the robots and AI powered gadgets will be made results without a break or rest, required for a poor tool of business called "human beings"?「仕事に集中していない時間」は合計で1年に1カ月半以上--米調査

2018-12-03MD や philsci.info のようなサイトはともかく、WordPress を使ってるサイトは非常に重くなった。

2018-12-03いま昼休みに『経済ジェノサイド: フリードマンと世界経済の半世紀』(中山智香子, 平凡社新書)を読んでいる。チリについては殆どインカ帝国の本しか読んでいないが、ガレアーノの『収奪された大地―ラテンアメリカ500年』は書店で見かけるたびに気になっていた本なので、やはり一読しておこう。確か国本伊代さんという研究者のテキストも良いらしいので、これもウィッシュリストへ。

2018-12-03James Damore の事案は、特に日本語で読める文章では参考になるものが非常に少ない。こういう、他人のブログ記事をつまみ食いしたうえで適当なコメントを書けば「社会批評」にでもなると思っている小僧が書くような、いい加減な文章が多い。「表立って」とか「目立ちたがり」とか、ダモアが解雇されるまでの基本的な経緯も知らないで書いてるのが明白だ。よく分からないのが、この人は別に、今すぐ解雇されそうだったわけでもなく、表立って、こんな「行動」をとらなければ、今まで通りに、エンジニアとしての作業をやれたわけであろう。まあ、普通に仕事をしていれば、一定の収入は確約されていたわけで、サラリーマンの「目的」とは、そこにあるのだから、なんでこんなクーデターみたいな、「目立ちたがり」みたいなことを始めちゃったんだろうね。グーグル社の女性差別的発言社員の解雇 - martingale & Brownian motion

2018-12-03Salesforce Chatter は、本当に使いにくいメッセージング・アプリケーションだな。この、ログインしたときに出てくる「スノーボード小僧」から画面が遷移しない。アドレスバーを叩くなりリロードするなりしないとメッセージの画面が出てこない。

2018-12-03どうもお腹や脇腹に肉がついてくると、単に身体が重く感じるだけではなく、体調にまで影響があるようだ。しっかり運動なりトレーニングしなくては。体重の値そのものは 76 kg 前後で BMI を計算(なんで「慧さん」が第一候補なのか)しても 23.3 で「普通」の範囲だが、体調や中性脂肪の値はそういうこととはあまり関係がない。BMIと適正体重

2018-12-03たぶん本居(稲懸)大平さんと勘違いされているのだろう。亀田順一さんが書かれている「松阪旅行で出会った本居宣長」に、本居春庭の名が出てくるが、「春庭は宣長の養子」と書かれている。そうかな?実子ではないだろうか。たしか長男だったはず。本居春庭 - 喫茶 輪

2018-12-03今村欣史さんの記事を読もうと思ったら、「データベース接続確立エラー」とある。WordPress でサイトを運用している場合、他の CMS でも言えることだが、データベースへの接続エラーや容量超過など幾つかの原因があるので、これだけでは何とも言えない。http://kobe-kobecco.com/

2018-12-03会社の Fortigate は Livedoor ブログをポルノサイトと判定して遮断する。それは別にいい(そう、良い)のだが、たまにアクセスできるブログがある。FQDN (blog.livedoor.jp) で遮断してるんじゃないのか。

2018-12-03うちの部署は対外的に予め年末年始の営業予定を通知するような取り引きがないから実害はないけれど、年末年始の日取りが12月の下旬に決まる会社って、いまどき中小でも珍しいんじゃないか。

2018-12-02『やちまた』の私家版人名索引で追記しておく。人名は、仮名・架空の人物については扱わない。そもそも、そういう人物は足立巻一さんの家族や友人や恩師であって、『やちまた』では多くの箇所に何度も出ており、わざわざ索引を作る意味がないと思う(敢えて表記するなら、学術文書のように "passim" と書くべきかもしれないが)。逆に実名は全て記録しているので、些細な言及で一度しか出てこないような人物でも索引に収めてある。

2018-12-02『やちまた』が国文学や日本語学の副読本になっている大学すらあるのは、江戸時代後期の人物が数多く紹介されており、しかも短い評伝や伝記も書かれているからだろう。ただ、『やちまた』は索引どころか目次すらないため、どこに書かれているのか分かり難い。そこで、用語はともかく人名の簡単な索引を作っている。「簡単」であるのは、同じ人名が出てくる箇所を全て記録するのではなく、初出ページと、特にその人物を紹介するまとまった文章があるページ(実際には初出ページから離れている場合もある)の二項目だけを扱うからだ。しかし、これだけでも自分にとっては便利なので、同好の方々にも活用していただけるよう公開したい。いまのところ 1/4 ていど終わったから、今年中には公開するつもりだ。

2018-12-02「編集工学おじさん」と書くつもりが「情報工学おじさん」と書いていた事例が幾つかあったので、訂正した。

2018-12-01久しぶりに天馬さんのケースを買った。今回は一個だけ買って、社会保障や医療関連の本を入れる予定だ。テーマごとに入れておけるといいのだが、中途半端に入ったまま放置するわけにもいかないので、どうしても色々なテーマの本が混在する。ケースに何が入っているのか書いておいた方がいいかもしれない。

冒頭に戻る